みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント ミスカトニックです。

さて、今日はザザッと更新を(笑)

心理カウンセラーとして活動する前、私は某人材派遣会社でキャリアカウンセラーをしていました。

…といっても派遣会社ですから、真面目にキャリアを考えるというよりも登録者を上手に仕事に当てはめる、という感じでしたが(笑)。

ただ、キャリアカウンセラーの活動を通して1つ感じたことがありました。

それは…

「キャリアが『経験値』として蓄積されている人と、そうでない人との差が激しい」

と言う点です。

キャリアを重ねることは、ある意味では経験値を「お金をもらいながら」蓄積することができます。

それが結果として「出来ること」が広がっていくことを意味します。

また、そこから自己肯定感を感じとり、多少のリスクも取れるようになることだってあります。

しかし一方で、同じようなキャリアを積んでいても、あまりスキルに反映されていない人も。

では、その差は何かと言えば…

「経験に対する意味づけ」

が大きいな、と感じます。

つまり、経験に対する意味づけ、つまり自己評価が低いんですね。

自分が評価していないスキルが伸びることなんて、ありえませんよね?

例えば、私の場合。

昔はこれでも神学校に通っていましたから、古典ギリシャ語を勉強していました。

でも、もう大の苦手で、結果的に辞書片手で聖書の原本(つまり古典ギリシャ語で書かれたもの)を読めるようになっても…

「大したスキルではない」

「私には語学の才能がない」

という認識でいました。

この認識のままで語学の能力が上がるはずがありませんよね。

これと同じ現象がキャリアの現場で起こっているんですね。

また、こうしたことは恋愛でも同じことが言えます。

恋愛も、とどのつまりは経験値が重要です。

それは、直接の恋愛経験だけでなく、もっと広い社会経験が重要です。

そして、恋愛もキャリアも、ある程度「偶然」によって左右されます。

初めから計画的なキャリアや恋愛を作ることは困難です。

ある程度の計画性を持ちながら、しかしその結果として訪れた偶然に対して開かれた態度と積極性を取れる。

これがキャリアでも恋愛でも大切です。

(キャリアの偶然性については、『クランボルツ理論』をご覧ください)

恋愛の発生も、そして終焉も、ある程度は偶然、つまり「運」が絡んできます。

そこには、ポジティブな面もあれば、ネガティブな面もあります。

私たちはどうしても、失敗経験を高く評価し、成功経験をディスカウントします。

これは、ある意味で仕方がありません。

ただ、私たちのような第三者との対話を通して、その失敗経験に別の意味づけを与えることは可能ですよね。

いま、ここにあるクライエントがいるとします。

そして、そのクライエントは恋愛で傷ついています。

さて、そのクライエントが5年後に、今の経験を…

「やっていて良かった」

と思えるとしたら、その経験にはどんな意味がありますか?

ポジティブに考える最良の方法は、ムリにそのように考えようとするのではなく、その視点から見つめてみることです。

さて、皆さんのクライエントの今の経験には、いったいどんな意味があるのでしょうか?

ではでは!

追記

今日は朝から事業所にいました。

朝のひと時を、利用者さんとのバカ話で過ごした後(笑)、事務処理に。

さて、これから再び事務仕事をやって、明日は浜松でセミナーです!

※ ※ ※

占い師・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)