みなさん、こんばんわ

占い師や心理カウンセラーの独立と集客を応援している
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです

え~、ワタクシ、風邪をひきました

ついでに、右手の中指を深爪して…(苦笑)

キーボードが叩きにくい!

というわけで、サクサクっと更新を

クライエントが恋愛で失敗する場面で、よく見かけるのが…

「尽くしすぎる」

というもの。

相手に「してあげる」ことで、自分自身の存在感を高めよう、というアプローチですよね。

これは決して間違いではありません。

間違いではありませんが、ちょっと待って!

少し自分に置き換えて考えてみましょう。

私たちは、誰かに親切にされると、その人を好きになりますか?

なりませんよね?

「あぁ~親切にありがとう」

もしくは

「あ、この人はもしかしたら私のことを好きなのかな?」

というレベルで終わりますよね。

尽くすことがダメではないんです。

アプローチがそれだけだと、成果は出ないんですね。

では、どうしたら成果が出るか?

ここで大切なのは、考え方です。

恋愛は、いかに「してあげるか」

ではありません

いかに「してもらうか」

にあります。

もう少しいうと…

いかに相手から「してもらい」、その結果相手を「喜ばせるか」

にあります。

この時、クライエントの心の中で、ある反応が生じます

「相手にやってもらうのは、悪い気がする…」

「相手に迷惑をかけたくない…」

「相手は、果たしてやってくれるだろうか?」

この辺のマインドを変えるのも大切な事ですが、時間もかかりますよね

だから、まずはアプローチに慣れることから始めることをおススメします

さて、相手に気持ちよく「やってもらう」コツは、3つあります。

1:困っていることを、快活に伝える

まずはカンタンな事から「やってもらい」ましょう。

そのためには、軽めの悩みを相手に伝え、快活にお願いしてみてください。

2:どうして欲しいのか、を明確に伝える

よくある失敗が、お願いの仕方が抽象的すぎて、相手がどうしたらいいのか、分からない、という事です。

特に理論的に考える人は、これをされると困ってしまいます。

また同時に、「して欲しいことを、できない理由」もつけましょう。

3:やってもらったら、「ありがとう!」という

間違っても「ごめんね!」と言ってはいけません。

なぜなら、私たちは言葉の文言に反応するからです。

「ありがとう」であれば、「あぁ、役に立ったんだ」という理解になります。

でも、「ごめんね!」と言ったら「なんだ、こいつのヘマをカバーしてあげたのか」

となります。

こうなると、立場は下がる一方です。

さて、上記3つのポイントを例にすると、こんな感じでしょうか。

「ごめん、もしかしたら今日、コンビニに行く?

じゃあ、実はお願いがあるの

私がいつも読んでる○○○って雑誌、買っておいてくれる?

もうすぐ次回の号がでるから、店頭から消えちゃう可能性があるの

私が買えたらいいんだけど、今日はちょっと帰りが遅くなりそうなの…

ごめんね!」

そして、やってくれたら…

「ありがとう!

嬉しい~!

ちょっと今日はバタバタだから、すごく助かった!」

そして、最後の所でのポイントは…

相手を心地よくするための言葉と表情を使う!

という事です。

間違っても「ご飯をおごる」「こんど、お礼をする」などとは言わないように!

それと、褒めるときは「イヤミ・皮肉厳禁!」

「いつもこうだと嬉しいんだけどなぁ~」はダメ中のダメダメです!

ではでは~!

※ ※ ※

さらに濃く、実践的なノウハウを知りたい方は、こちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)