皆さん、こんばんわ

占い師の集客とリピートを応援する
スピリチュアルビジネス・コンサルタント
ミスカトニックです。

 

本題に入る前にお知らせです

 

~~ 10月に次のセミナーを開催します! ~~

【占い師のための認知行動療法講座】

認知行動療法講座は1Dayで、

心理療法の代表格である認知行動療法の

基礎と占いへの応用を学び、

クライエントの変化を促す手法について

習得します

合わせて、占いをカウンセリングに

変えるスキルをお伝えいたします!

●日時

東京:10月22日

大阪:10月29日

【占い師のための進路相談セミナー(無料)】

占いを勉強した、プロになるために次は何をしたらいいの?

という疑問に答えるのが、このセミナーです。

できるだけ多くの方にご参加頂きたいため、

進路相談セミナーは無料です!

 

●日時

東京:10月20日

大阪:10月27日

 

詳細はまた後日お伝えしますね!

 

 

では、本題に入りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

占いにせよカウンセリングにせよ、クライエントを癒すという

行動は、占い師・カウンセラーが自分自身を癒すことによって

もたらされることが、多々あるんですね。

 

 

というのは、クライエントが来ることによって、

セッションをする側の「場」は多少なりとも通常とは

異なる状態になります。

 

 

そして、その場にはクライエントの動揺や不安が

そのまま持ち込まれます。

 

 

なので、「場が乱れている」と形容しても

良い状態になるんですね。

 

 

この時、セッションをする側も

される側であるクライエントも、セッションという

「場」を共有しています。

 

 

つまり、自分と一体のものとして、

その乱れた場を共有していんですね。

 

 

だから、セッションをする側、つまり占い師や

カウンセラーも、その場を共有することによって

多少なりとも精神的・心理的には

ネガティブな状態に至ります。

 

 

これは、共感的な占い師・カウンセラーであればあるほど

この傾向は強くなります

 

 

この時、占い師・カウンセラーは自分自身の呼吸や気持ちを

整える必要性に直面します

 

 

そうやって、呼吸や気持ちを整えることで、

自分が癒され、それが結果的にクライエントを

癒すことにつながるんですね。

 

 

だから、呼吸などを使ったセルフヒーリングは

使えるに越したことはありません。

 

 

その自分を癒すという働きがクライエントを

癒せるのであれば、なおさらですよね。

 

 

ぜひ、意識的にセッションの間、自分の呼吸や気持ちを

整えるようにしてみてください。

 

 

かなり、効果は高いと断言できます!

 

 

ではでは!

 

 

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

フェイスブックで、毎日占い師のヒントを発信中です!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】