こんにちは

占い師専門コンサルタント、カウンセラーのミスカトニックです。

今日、ある女性の友人に会ったのですが、大きなマスクをしていてビックリしました。

「どうしたの?」と聞くと「花粉症」との事

この時期も花粉症があるんですね。

皆さんも気を付けてくださいね

さて、今日のテーマは「占い師になるための占術の勉強方法」について。

少し前に「占い師になるには?
」というタイトルで記事を書きました

その中で「複数の占術を持つように」とアドバイスしましたが、その点を少し細かく見ていきます。

ご存知のように、占術には大きく三つのジャンルに分かれます。

いわゆる「命」「卜」「相」ですね。

「命」は、そのものが本来的に持っている宿命や運命を占うものです。

占星術や四柱推命がそれに該当します。

そして「卜」は、折々の状況を占うものです。

タロットや易が代表例ですね。

そして最後は「相」。これは、現れ方の吉凶を占うものです。

一般に風水や姓名判断、最近はやりの手相占いもこれに該当します。

占いはこの三つの分類に分かれますが、では、どれから勉強すればいいのでしょうか?

この辺は好みやその方が持っている背景にもよりますが、私は最低限、「命」の術を最低一つ、「卜」の術を一つないし二つ持つように勧めています。

まず、「命」についてですが、これは相談者の基本的なデータを現します。

この種類の占いをバカにできないところは、研究の蓄積があるので、少なくともその人が持つ大まかな傾向や性格は概ね当たるという事です。

ただ、多くの「命」の占いの場合は学問体系として確立されています。

つまり、かなり複雑な内容を持っているという事です。

よって、あれこれと手を出すよりも、一つに絞って勉強するほうが効率は良いと思います。

そして「卜」ですが、これは欠かせません。

例えば、占星術のみで「命」と「卜」を兼ねさせるのは可能です。

しかし、そこまでやろうと思ったら、相当勉強しなくてはなりません。

もちろん、そこまで追求する価値のあるものですが、これから実践に出ようという人が勉強に時間をかけすぎるのは考え物です。

そこで、「卜」は独立した占術としていくつか持っておくのが賢明でしょう。

次に「卜」の占いを複数持った方がいい理由ですが、これには二つあります。

まず、「卜」の占いは「命」や「相」よりも比較的勉強がしやすいという点があります。

ゆえに、比較的早くバラエティのある占いが可能となります。

次に、一つの占いよりも二つ以上の占いを用いた方が説得力が増します。

例えば、タロットとルーンの二つを使って同じ結果、であれば相談者は納得しやすいですよね。

だから、メインの「卜」を一つ、サブの「卜」を一つ程度持っておきましょう。

ただ、ここで注意しなくてはならないことが三つあります

その1:「ある特定の占いができる」=「その人のブランド」

つまり、習得した占術の傾向がバラバラだと、単なる「占いマニア」とみなされる可能性があります。

きっちりとしたパーソナルブランドがあるのであれば、多少占術の種類にバラつきがあっても、問題にはなりません。

しかし、パーソナルブランドが曖昧な時期であれば、方向性は一定のものにした方が賢明です。

その2:「占い」=「情報」。よって情報としての価値を高める努力をする

例えば、タロットカードの解釈一つを取っても、それそのものは貴重な情報です。

ただ、それを本に書いてあるような解釈だけでは、価値にはなりません。

だって、本を読めば誰だって分かるのですから。

その基本となる情報にどのような味付けをするか。

これによって情報というコンテンツの価値は変わってきます。

必ず、あなた自身の味付けをしてください。

その3:プラスαで現実に介入する術を持っておく

占いのプロセスは「状況把握→解決策の検討→行動化」となります。

この最後の「行動化」は相談者の役割ですが、その相談者が動きやすくなるような支援が絶対に必要です。

例えば、行動のステップを分かりやすく分解するスキルがあれば、相談者はその分だけ行動しやすいですよね。

また、相談者の行動を促しながら、何かしらのエネルギーを送るというのも、相談者にとっては心強いものです。

ちなみに、私の場合は西洋魔術を使うのと同時に、相談者の行動は徹底的に細分化して伝えます。

そうすれば、相談者と占い師との共同作業という形になります。

これは相談者にとっては心強いものです。

少し違った観点から考えると次のようになります。

私たちは孤独な相談者を決して孤独なままにしてはなりません。

私たち占い師は、そこに手を差し伸べる技術と使命を持っています。

その技術が優れていればいるほど、相談者を幸せにできるのです。

複数の占術を持つという事は、占いのマインドを鍛える事にもつながります

そうした意味でも、いくつかの占術を身に着けるようにしましょう。

では、今日はここまで。

少しずつ寒くなってきました

どうか、皆さんもご自愛くださいね。

人気ブログランキング

============================

>>稼げる人気占い師になりたい方へのコンサルティング

>>悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー