こんにちは

占い師専門コンサルタント、カウンセラーのミスカトニックです

今日は夕方より福祉系の交流会があるので、早めの更新です。

で、今日のテーマですが「占い師のためのお客さんの集め方」という、基本中の基本テーマです。

集客については、皆さん頭を痛めています。

最近はソーシャルネットワークが流行しているので、それに乗って集客を…という方も多いのですが、では上手くいっているのかというと、そうでない人が多いようです。

そこで、集客力を高めるためのマーケティングの発想をいくつかお話ししていきます

ここでのポイントは三つ

【ポイントその1】

オンライン・オフラインであれ、露出先は「お客さんがいる場所」にしなくてはならない

という事です

私の知人に、ソーシャルネットワークを使って集客をしているセラピストが数人います。

彼らは、私よりもずっと知識があるにもかかわらず、集客という点では完全に失敗しています

なぜかというと、彼らの露出先や人脈の多くが「同業者」になっているのです。

確かに、同業者を通じての集客は悪い手ではありません

特に、占いやセラピー業界では「同業者=客」という図式が結構成り立ったりもします

しかし、それはあくまでも全体の一部であって、集客の対象は一般ユーザーでなくてはなりません

では、どこにお客さんが集まっているのか?

これは簡単ですよね。

このアメブロなどでもテーマなどで探せばいくらでも顧客候補は出てきます。

まず、そういった方にアプローチをするべきです。

【ポイントその2】

顧客候補にとって有益なコンテンツを作っているか?

お客さんはサービスを購入する前に(当たり前の話ですが)比較検討して決定します。

つまり、サービスを受けるお客さんは相当に慎重なのだと考えるべきです。

よって、そのお客さん候補が「サービスを受けたい」と思うようなコンテンツがあるか否かは非常に重要です。

ブログを含め広告はお客さんにとって重要な判断材料を提供するものだという点を、必ず押さえてください

【ポイントその3】

無料でのオンライン集客の限界を知る

ソーシャルネットワークの流行により、オンラインでの集客が脚光を浴びています。

これは私たちのような仕事のものにとっては朗報なのですが、しかしこの流行が「ほんの一部の人たちによるもの」であることを覚えておく必要があります。

つまり、占いユーザーの方々が情報収集はオンラインに限定されていないという事です。

例えば、恋愛に悩む女性が占いにお願いしようとするとします。

その女性がブログをやっているのであれば、もしかしたらブログを検索して占い師を探すかもしれません

しかし、恋愛に悩む女性のうち、ブログをやっているという人は少数です。

そして多くの人は、一般的な検索によって情報を集めます。

そうなると、「ブログで集客」している人よりも「アドワーズ広告」を出している人の方が有利になります。

なぜなら、誰しも間違った選択はしたくないのです。

だから、比較対象のある情報を集めようとします。

そうなると、検索による情報収集の方に軍配が上がってしまいます。

とはいえ、最初は無料での集客を行うべきです。

無料での集客のノウハウも絶対にビジネスには必要です。

また、実際にオンラインの無料サービスだけで十分な収入を得ている占い師を大勢知っています。

しかし、そんな彼らも全体の中のほんの一部でしょう。

だから、いつかどこかで有料のオンライン広告か、あるいはオフラインでの活動が必要となってきます。

占い雑誌や女性誌に、いつまでたっても占いの広告が掲載され続けているのは、オンラインの集客だけでは限界がある証拠です。

無料か有料かという議論に意味はありません。

その両方が必要なのです。

ただ、この点は必ず押さえてください。

「あなたのお客さんは誰ですか?」

この点は必ず具体的かつ明確にしてください。

では、今から私は福祉系のお仕事へ戻ります。

今日中に契約書を作成しなくてはならないので…

では、よい一日を!

============================

>>稼げる人気占い師になりたい方へのコンサルティング

>>悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー