みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

私はコンサルとして多くのスピリチュアリストと接する機会が多々あります。

そして、これから占い師やヒーラーとして活動しようとする方をサポートするとき、次のような訴えをよく聞きます。

「どうしても自分に自信が持てません。

だから、不安で仕方がないんです」

この訴えは、ものすごくよく分かります。

私たちの活動は非常にデリケートです。

その自覚があればあるほど、自信もなくなるでしょうし、不安も覚えるでしょう。

実は、これには原因があります。

その原因とは「セッションが正しいかどうか」という判断基準が不明確だからなんですね。

何が正しいかどうか分からない。

だから、不安を感じる。

しかし、これを解消する方法はちゃんとあります。

それは、次のような問いを投げかけることです。

「果たして、『疲れて弱っている私』は、私のセッションを受けたいだろうか?」

この問いは私たちのクライエントにも当てはまることでもあります。

例えば、片思いで苦しんでいるクライエントがいるとします。

そのクライエントは、愛する人から恋愛感情を持たれるような存在でしょうか?

もしもそうでないなら、そのお手伝いができるのは、私たちのような存在ですよね。

また、自戒を込めて、ですが、この質問をするたびに、いつも胸になにかが突き刺さる思いがします。


だから、カウンセラーとして、あるいはスピリチュアリストとして、常に自問するようにしています。

そして、このたった1つの問いかけこそが、私たちを成長させるものだと信じています。

では、今日はこの辺で!


追記

いや、今日はこの辺で勘弁してください(笑)

占い師・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)