みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント ミスカトニックです。

クライエントに喜んでもらうためには、どうすればいいでしょうか?

ちょっと抽象的ですよね。

では、逆に考えてみましょう。

クライエントを失望させるには、どうしたらいいか?

こう考えると、クライエントが私たちに何を求めているのかハッキリしますよね。

クライエントが私たちに不満を持つとき

クライエントがクレームを言ってくるとき。

クライエントがガッカリしたとき。

その理由の多くが…

「セッションをしてもらったけど、一般的なことしか言わなかった」

というものです。

実は、この手のクレームは結構あります!

せっかく、高いお金を出したのに、アドバイスが単なる人生相談の域を出ない。

そうなると、当然不満も生まれますよね。

「そんなことは分かってる!

でも、それができないから相談してるんでしょ!」

一般的な答えが欲しければ、初めからインターネットの無料鑑定を受ければいいわけですよね。

皆さんは、機械じかけの鑑定の代わりという存在ではないですよね?

機械やプログラムに出来なくて、皆さんにできることは何か?

やはり、血の通ったリアルなアドバイスであり、交流なのです。

多くのスピリチュアリストは、技術の向上に熱心です。

皆さん、占いやヒーリングをものすごく勉強しています。

しかし、占いやヒーリング以外のことを熱心に勉強されている方は、ごくごくわずかです。

私のこのブログに対して…

「クライエントを甘やかせすぎている」

と考える方が大半なんですから。

でも、これはすごく「良いこと」ですよね。

クライエントとの関係づくりやアドバイススキルを磨くことが出来れば、その分だけ私たちは

「その他大勢」

から抜け出せるのですから。

スピリチュアルでの活動を考えるからならば、多少なりともクライエントへ貢献することを意識するはずです。

でも、私たちに求められていることは、占いやヒーリングだけではありません。

さて、皆さんなら、これから何を磨きますか?

では!

占い師・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)