みなさん、こんばんわ

占い師や心理カウンセラーの独立と集客を応援する
スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

さて、恋愛相談でよくあるのが…

「彼って自分のことを私に話してくれないんです」

という問題。

もっと自分のことを話して欲しいのに、相手はなかなかそれに応じてくれない。

そうした相談ってよくありますよね。

恋愛で相手が自分のことをオープンにしないケースは多々あります。

その理由はケースによって様々で、その場合どうしても相手の自分に対する恋愛感情と関連付けて考えがちです。

確かに恋愛感情の程度によって自分をオープンにする度合いは変化していきます。

しかし、逆もまた真で、自分をオープンにできない関係だから恋愛感情が盛り上がらない、ということもあります。

いや、恋愛関係の程度という観点から考えると、ここを検討する方がベターなケースは非常に多いですよね。

では、なぜ自分をオープンにできないかというと、理由の1つとして…

「相手が期待する反応が返ってこない可能性が高い」

というものがあります。

つまり、会話のリアクションが不適切なケースです。

私たちは相手に何か話をするとき、無意識的に欲しいリアクションを想定しています。

そして、そのリアクションを返してくれそうな人と、そうでない人とを、これも無意識のうちに選別しています。

そして、欲しいリアクションを返してくれなさそうな人には、私たちは自分をオープンにすることは、あまりありませんよね。

これは、皆さんも自分に置き換えるとよく分かるかと思います。

では、こうした選別がいつどのタイミングで行われているかというと…

普段の会話の中

なんですね。

つまり、普段の会話の中で見せるリアクションやその態度によって、私たちは「話が出来そうな相手かどうか」を判断している、ということです。

そして、恋愛でつまづく方の多くは、このリアクションスキルが決定的に低い!ですよね。

恋愛では、「何を話すか」よりも「相手の話しをどう聞くか?」の方が重要です。

なぜなら、恋愛では「自分がどのように受け止められもらえるか」が大きなテーマだからです。

ですから、恋愛相談で「相手が自分のことを話してくれない」という相談があったとき…

「どのようにすれば、話したくなるような雰囲気をクライエントが作れるか」

という点を考えてみてください。

ではでは!

※ ※ ※

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)