皆さん、こんばんわ

占い師や心理カウンセラーの独立と集客を応援する
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです。

さて、昨日は電話占い師さんを対象としたクローズセミナーでした。

ちょっと長丁場でしたが、参加された皆さんの反応も上々で、ホッとしています(笑)

さて、今回のセミナーのそもそもの目的は、占い師さんのスキルアップです。

その目的のために、私がクローズセミナーでお伝えしたかったことは、次の3つ。

(1)占い師が持つべきマインドセットとは?

(2)スピリチュアルと心理の関係をどう考える?

(3)効果的な鑑定の構築とクライエントへの介入方法について

最近、占い師さんの育成・養成の依頼が本当に増えているのですが、その中で感じるのは…

多くの占い師さんのスキルは確かに上がっています

また、クライエントの精神面・心理面に対して関心を持っている占い師さんも増えました。

しかし、その内容を習得する場が非常に少ない、という事です。

例えば、占いや鑑定に心理療法をそのまま持ち込んで上手くいく可能性は大きくありません。

それは当然で、そもそもクライエントは心理的なケアをして欲しいと思っていないからです。

そのため、不用意にクライエントの精神面・心理面に踏み込んだ場合、クライエントの防御反応が返ってくるのがオチです

そのため、どのようにしたら効果的に介入できるかを考える必要があるんですね。

それはコミュニケーションスキルやある種のプロファイリング、そしてそもそもの占いの質が重要です。

特に声を大にして言いたいのは、占いの質を心理で補おうとするべきではない!という事です。

上手な占いとは、そもそも心理学的にも理にかなっています。

だから、心理スキルは十分条件であっても必要条件ではありません。

大切にするべきことは、活動の軸がどこにあるのか、という事です。

スピリチュアルなのか、心理なのか。

だから、私はこう言いたいのです

「占い師なら、占いで勝負するべきです!」

ではでは~!

追記

こういうことを考えたがる段階で、私ってやっぱりベースが認知行動療法なんでしょうね(笑)

※ ※ ※

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)