こんばんわ

占い師専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日は相談者の欲求の3つの構造についてお話します。

この構造は、占いでアドバイスをするうえで非常に重要なポイントとなります。

(これは占い師に限った話ではありませんが)相談者への理解はサービスの質を決めます。

つまり、「相談者が求めているもの」を理解し、「それにどの程度応えられるか?」が、人気占い師とそうでない占い師を分ける分岐点となる訳です。

では、「相談者が求めているもの」とは何でしょう?

よく一般的に言われるのは

現実的なアドバイス

というものです。

確かに、その通り。

しかし、これがすべてでしょうか?

この問いに答えるために、少し極論をしてみましょう。

目の前に占いのソフトが入ったPCがあります。

そのPCは生年月日と質問を入力すると、現実的な答えを「完璧」なレベルで返してくれます。

さて…これで私たちは満足するでしょうか?

もう少し言うと、このソフトは世の占い師の仕事を奪うでしょうか?

答えは「NO」です。

では、なぜ「NO」なのでしょうか?

それは、相談者の欲求は3つの構造から成り立っているからです。

一つは「理論

もう一つは「感情

最後は「ライフスタイルや価値観との一致」です。

まず「理論」ですが、これは鑑定結果が頭で納得できるか?という点です。

これは先のソフトは十分満たしていると言えます。

しかし、「感情」は満たしてくれません。

この「感情」とは、相談者がもつ「安心したい」などの感情に応えるものです。

そして、私たち占い師やセラピストが提供するものは、大なり小なり相談者の生活に影響を与えます。

つまり、相談者の日常に組み込まれる訳です。

そうなると、その相談者のライフスタイルや価値観とマッチするか、という点が重要になりますよね。

例えば、(これは実例ですが)ある経営者が事業の成功方法を知るために、占いを受けたとします。

その経営者の男性は漠然と運気を知っていますが、基本的に現実主義者です。

この場合、「開運の方法」として「チャクラを整える」というワークなら受け入れてくれるかもしれません。

しかし、この方に「開運のおまじない」を伝えても、受け入れてもらえないでしょう。

実際、この経営者の方にはチャクラのアドバイスを行い、「上手くいった!」という報告を頂いています。

頭で理解でき、感情がアップし、そして定着する」という要素がそろわないと、結果はなかなか付いてきません。

この「結果を出すアドバイス」には先の3つの要素が必要、という点を覚えておいてくださいね。

では、今日はこの辺で!

余談ですが…

かれこれ6時間近くカフェで仕事をしています。

今日の仕事の半分はマーケティングでした。

道行く人を見ながら、「もしも、この人がサービスを購入するとしたら、どんなプロセスがあるのだろう」と想像するのは、なかなか有意義なものです。

余談の余談ですが、占い師の私は、よくカフェにこもって外を見ながら占いのセッションをイメージしたりしていました。

こうしたイメトレは結構役に立ちます。

では!

【関連記事】
人気占い師になるための「聞き方」スキル【人気占い師実力養成講座】
占い師のメッセージの発し方【人気占い師実力養成講座】
売れる占い師の5つの条件【人気占い師実力養成講座】


人気ブログランキング


ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる

人気占い師を目指しませんか?

豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ

「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ

「稼げる人気占い師・セラピスト・ヒーラー養成集客講座」

■稼げる占い師になるためのコンサルティング

■悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー

 お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)