みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日のテーマは…

「復縁を阻む要因」

について考えてみます。

恋愛関係が終わり、復縁を願う最も大きな心理的要因はなんだと思いますか?

それは苦痛です。

相手を愛している、まだ気持ちが残っている。

これも確かに大きな要因です。

しかし、これ以上に…

「関係が終わってしまった」

という痛みや苦痛が強い動機になります。

そして、その苦痛がある分だけ、出来るだけ早く何とかしようという心理が働きます。

その結果、苦痛の緩和には意味があるけど、復縁には逆効果な行動をとりがちになります。

そうなると…

「感情に任せた短絡的な行動」

「後悔」

「さらなる関係の悪化」

「焦り」

「感情に任せた短絡的な行動(最初に戻る)」

という悪循環が生まれます。

これは、何とももったいない。

なぜなら、復縁や復活愛は元々関係の素地があった分だけ、ゼロからのスタートよりは有利なケースもあるからです。

ただ、そうした有利にしていくためには、絶対にお願いしたいことがあります。

それは…

相手に被害者意識を持たせないこと

これが大切です。

復縁の対象である相手が…

「振り回された!」

「ひどい目にあった!」

「あいつのせいで、大変な目にあった」

という被害者意識を持っている場合、どうしてもガードが強くなります。

当然ですが、ガードが強い分だけ、接触が難しくなります。

だから、いま復縁を願っている人に私からアドバイスをすると…

あなたが傷ついていることは、よく分かります。

いまの時間は、おそらく耐え難い大変な状態でしょう。

でも、復縁を願っているのであれば、この関係を癒してあげなければなりません。

あなたも傷ついていますが、この関係も傷ついています。

この関係をきちんと癒せば、復縁の可能性は大きく高まります。

まずは、癒してください。


では!