こんにちは

占い師専門コンサルタントのくまごろうです。

 

さて、今日のテーマは「霊感」について

占い初学者の方がよく気にされるのは「霊感がないと占い師になれないのでは?」という点です。

これは、皆さんどうですか?

私はこの質問を頂くたびに、こう答えています

「占い師にとって霊感は必要条件ではありません

しかし、十分条件です 

まず、「霊感」とは何かをはっきりさせましょう。

言葉の意味での霊感は皆さんご存知だと思います。

これを占い師で考えた場合、「特別な訓練や修行の結果、あるいは必然や使命、天性のものとして特別に授けられた超感覚」となると思います。

では、これがない状態で占い師をした場合、どうなるでしょうか?

占い師をやっていて霊感が要求される場面というのは、実はそう多くはありません。

私の場合ですが、リーディングとヒーリングで用いる以外は特別霊感は意識しません。

そして、もしも霊感がないと…その占い師は自分が知っているテクニックや経験だけで占いをすることになります。

例えば、占星術や四柱推命などは蓄積されたデータと体系だった分析技術がありますので、ある程度の事は十分できます。

それを使いこなして占いをするというのも、非常に大切なことです。

しかし、経験を積んでいて、かつ感性が研ぎ澄まされた占い師であれば、仮に四柱推命や占星術であっても、それ以外の「メッセージ」を感じ取り、それを自身の占いに反映させるでしょう。



私の知っている易や陰陽五行、惑星の位置などから運命などを読み解く占い師の方々も、本人が霊感と意識していなくても、こうした感覚を非常に重視しています。

占いがカウンセリングと異なる事の一つは、霊感があるがゆえに、その相談者が知りえない事柄を知ることができ、相談者と願望との間にあるギャップや問題に対して、より深く介入できるという点です。

確かに、技術だけで占いは可能です。


しかし、技術だけの占いだと遠からぬうちに限界がやってきます。


そうすると、一番苦しく感じるのは占い師自身です。

また、霊感を高めるトレーニングはそう難しいものではありませんし、そんなに特別なことをする必要はありません。

私がクライエントに指導する内容も、そう極端なものではありません。

でも、そうした内容でも繰り返すことによって霊感は大きく育ちます。

…ただ、根気は要求されますので、その点はがんばりましょうね!

では!

============================

>>稼げる人気占い師になりたい方へのコンサルティング

>>悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー