みなさん、こんばんわ

占い師専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日は占いの種類とマーケットの関係について考えてみましょう。

前回の更新で、占いの3つの種類と特徴について考えてみました。

この3種類の占術ですが、それぞれ相談者の層が異なります。

つまり、その占いに求めるニーズに違いがあるのです。

この点は非常に大切です。

というのは、ある特定の占術を希望しているということは、そこに相談者なりのニーズが隠されているからです。

このニーズの違いを的確に捉えるならば、より成功しやすくなりますよね?

では、早速占術と相談者のニーズの違いを見ていきましょう。

ここでは、相談者のニーズを

「知りたいこと」

「相談者の性質」

「占い師と相談者との関係」

「占いで注意する点」

という4つの軸でご説明していきます。

まず、今回は「卜」です。

この占術を選ぶ相談者の多くは

「私の知らない情報を知りたい」

「私の知らない解決策を知りたい」

という2大ニーズを持っています。

恋愛でいうならば、相手の心理状態や好み、そして願望を阻む問題とその解決策になります。

「卜」の特徴として、「細かい状況まで占える」と言うのがあります。

ゆえに、「具体的にどうすればいいですか?」というテクニカルな質問にも応える必要が出てきます。

少し整理すると、

「私の知らない事を教えてくれて、そしてどうすればいいかも具体的に教えてくれる」

占い師を求める層です。

そして、この層の相談者の抱える問題は、比較的切迫しています。

ゆえに、「卜」を選択する相談者の性質として、精神的に不安定な層が多くなる傾向があります。

この不安定さゆえに、占い師には相談者の精神面へのケアが求められます。

注意点としては、不安定さゆえに依存されやすくなるリスクが挙げられます。

また、アドバイスの的確さも要求されますので、その点のスキルアップを普段から意識する必要があります。

最後の注意点として、相談者の問題をどのように占い師が理解するか、という点があります。

「卜」の場合、細かい状況まで占えるため、どの視点から問題を見るかによって結果は随分と変わります。

恋愛の場合だと、恋愛関係全般から占うのか、相談者の視点から、あるいは相手の立場から占うのか?

これだけでも結果はかなり違ってくるので、対処法も当然変わってきます。

また根本的な勘違いとして、実は相談者は具体的な解決法を求めていない、というケースがあります。

相談者の持ち込んだ相談内容が漠然として具体的なアプローチが当てはまらない場合が、まさにそれです。

そうした相談者にタロットカードを使って細かく説明しても、「はぁ・・・そうですか」という反応しか返ってきません。

また、何か質問をしても「いや…別に」という弱い反応しか返ってこないでしょう。

この場合、「卜」ではなく「命」や「相」に切り替えて占った方が妥当だと言えます。

だから、占い師は相談者の相談内容を聞いた段階で、「卜」で良いのかどうか判断する必要があります。

この「どの占術を使うか?」という判断力も、占い師に求められる資質となります。

では、次回は「命」について解説しますね!

【関連記事】
基本を振り返る大切さ~連載:占い師になるには?~
占い師の的中率は「皮膚感覚」から【人気占い師実力養成講座】
稼げる占い師の「スタートアップ」【人気占い師実力養成講座】

人気ブログランキング


ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる

人気占い師を目指しませんか?

豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ

「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ

「稼げる人気占い師・セラピスト・ヒーラー養成集客講座」

■稼げる占い師になるためのコンサルティング

■悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー

 お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)