皆さん、こんばんわ

 

スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです

 

さて、今日のテーマは…

 

「占い師として、占い以外の専門性をどう活かすか?」について考えてみたいと思います。

ID-100186414

 

 

 

 

 

 

 

占い師やヒーラー、スピリチュアリストさんの多くは、そのスピ系以外の専門性をきっとお持ちではないでしょうか?

 

よく占い師さんにアンケートを取るのですが、やはり多くの占い師さんがバックボーンとして様々なスキルをお持ちです。

 

かくいう私も、経営コンサルタントとして、占い会社以外の法人から、それなりにオシゴトをいただく立場でもあります

 

また、私が個人的に存じ上げている占い師さんのうち、少なくない方が相当なハイキャリア、あるいは高度な専門的な資格を有しています。

 

ここまで高度でなくても、女性の占い師さんで、元エステシャン、美容師というような専門職出身の方も珍しくないですよね。

 

こうした専門性は一見すると武器として使えそうに見えます。

 

しかし、その多くの方がその武器を有効活用できていません。

 

つまり、集客やリピーターにつながっていないんですね。

 

いくら占い以外の専門性があっても、それが数字としてリピーター、集客に反映されないと意味がありません。

 

では、なぜ集客やリピーターに役立たないミスをしてしまうのでしょうか?

 

1つ、典型的なケースは…

 

その専門スキルを、そのままブランド価値に結びつけてしまう

 

というものです。

 

例えば、私は介護福祉業界にはかなり縁があります。

 

じゃあ、私が占い師として…

 

介護の相談にも乗りますよ

 

と言ったとします。

 

じゃあ、介護で悩んでいる方が、私のところに来るでしょうか?

 

まず来ないですよね。

 

また、私は心理カウンセラーでもあります

 

だからと言って、カウンセリングを求めて、占い師としての私のところに来る、ということは、まずありません。

 

これは、そもそもクライエントが占いを求めている、ということが大きな理由です。

 

つまり、その専門性が「占いをして欲しい」というクライエントのニーズとかみ合っていないんですね。

 

日本人の多くは、ラーメンも好きですし、お寿司も好きです

 

だからと言って「じゃあ、ラーメンと寿司で勝負をしよう」という飲食店が成功するか、という話と全く同じです。

 

つまり、考えるべきは…

 

「コアスキルである占いに相乗効果をもたらすか?」

 

という話しになってきます。

 

ここで考えるべきは、その専門性の使い方です。

 

ある専門性がある、ということは、その専門性に即したパーソナリティを持っている、ということが期待されます。

 

例えば、私が介護福祉関係に縁が深い、ということであれば…

 

人としての優しさを持っている

 

ということが期待されますよね

 

また、占い師で元美容師であれば…

 

美的感覚に優れている

 

ということが期待されます。

 

つまり、占い以外の専門性というのは…

 

その占い師のキャラクター設定に役立つかどうか?

 

クライエントが占い師に対して抱く「期待値」を高めるか?

 

という観点で考える必要があるんですね。

 

単に「これもできます、あれもできます」というだけであれば、器用なだけで終わってしまいます。

 

それよりも…

 

なぜ、あなたはそうしたバックボーンを持っているのか?

 

そのバックボーンはあなたにどう役立っているのか?

 

という点から考えてみてください

 

そして、そこからプロフィールや肩書などを検討してみてください。

 

そうすることで、集客やリピートに役立つブランディングができるようになります。

 

ではでは!

 

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします
【お問合せフォーム】