みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日のテーマは…

「クライエントの問題を整理する」

について考えてみます。

クライエントの多くは複雑な問題を抱えています。

例えば、中途半端な関係になってしまったというケース。

現在の相手との関係は好ましくない。

でも、中途半端さを受け入れなければ、関係が切れてしまう。

クライエントの年齢を考えると、そろそろ結婚もしたい。

相手が結婚を考えているようには思えない…等々。

クライエントの問題が複雑に見える原因はジレンマ、つまり「葛藤」にあります。

この葛藤の渦の中に入り込んでいる限り、クライエントのビジョンはクリアにはなりませんよね。

だから、この葛藤を丁寧に解きほぐす必要があるのです。

心理学に多少詳しい方なら、「コンフリクトの3基本形」はご存知でしょう。

それを使うのも一つの手なのですが、ここではその議論は置いておきます。

私がクライエントの葛藤の整理でよく使うのは…

「いま、何が変えられますか」

というものです。

つまり、クライエントから見て、とりあえず一番簡単に変えられるものを探す、というものです。

クライエントは往々にして、すぐに問題の根本解決を図ろうとします。

これはクライエントの気持ちからすれば当然なのですが、しかし、その根本がすぐに変わらないから問題なのです。

だから、根本解決はひとまず置いておきます。

そこで…

1:クライエントの希望と苦痛の一番強いところを見つけて…

2:その希望に沿って一番変えやすいことを考えて…

3:もっとも簡単に実行できる方法を探す

という手段をとります。

例えば、先の例。

中途半端な関係に陥っているクライエント。

その関係を継続している理由が、「相手がいなくなるとさびしい」というものだとします。

これが「苦痛」の一番強いところ。

そして、クライエントの希望が「結婚」ならば、これが希望の一番強いところ。

ここで注意するべきは、苦痛の除去はすぐに行わないことです。

つまり、「結婚したければ、その人と別れろ!」という議論はしない、ということです。

むしろ「相手を失う」ということが苦痛なのですから、それはそのままにして結婚に至るもっとも簡単な方法を考える、という方向で行きます。

このようにして問題を整理し、確実に状況を変えるようにお手伝いをすることが大切なのです。

…ところで、皆さんは「ニーバーの祈り」をご存知でしょうか?

ラインホルト・ニーバーという神学者の祈りなのですが、この祈りは私にとっては鑑定における大きな指針です。

ぜひ、この祈りの意味を皆さんでシェアできれば幸いです。

【ニーバーの祈り】

主よ

変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気を、我らに与えたまえ。

変えることのできないものについては、それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。

そして、変えることのできるもの、変えることのできないものとを、峻別する知恵を与えたまえ。

では!

にほんブログ村

にほんブログ村

ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる

人気占い師を目指しませんか?

豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ

「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ

「ふしぎ・シアワセ研究所」

 お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)