みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

コンサルをしていると、パフォーマンスが下がっているクライエントに出会うことがあります。

□リピーターが減ってしまった

□新規顧客がこない

□集客が上手くいかない

こうした問題は、一見するとテクニカルなものだと思われます。

しかし、実は集客は意外とメンタル面が強く影響します。

メンタル的に弱っているときに広告を打っても、あまり反響はないんですね。

また、自分のセッションに自信がないときは、間違いなくリピーターは減ります。

集客と言うテクニカルな分野であっても、メンタルは非常に重要なのです。

集客に悪影響を与えるメンタル面の問題は、全部で10個あります。

皆さんは、これに当てはまっていませんか?

1:過度に数字(売上げ)を追いかけてしまう

2:売り上げ減少の恐怖を抱きながらセッションをする

3:どのクライエントに対しても、同じような対応した出来なくなっている

4:クライエントの存在が疎ましく思えてしまう

5:クライエントの訴えが、バカげたものにしか思えない

6:セッション終了後、いつも以上に疲労することが多い

7:セッションの精神的負担感が強く、早く結論を急いでしまう

8:クライエントに対して良くも悪くも感情的になってしまう

9:セッションをしていて「降りて」こなくなった

10:明らかに集中力が下がっている

いかがだったでしょうか?

こうした兆候がある場合、メンタルケアを優先し集客などは手控えた方が賢明です。

ある意味、それなりの能力があればクライエントは返ってきますし、取り戻せます。

ただ、負の連鎖の中で集客を続けると、セッションの水準が下がったままになり、それが全体のパフォーマンスに影響してきます。

一見遠回りですが、メンタル面での回復を優先した方が、集客もうまくいきます。

ぜひ、セッションを提供する私たちだからこそ、メンタル面のケアをしましょう

では!

追記

最近、本当にセミナー漬けです(笑)

今日は高齢者事業所でのメンタルケアのワークショップ。

心理カウンセラーとしてのオシゴトだったため、心理学を中心としたケアの方法についてお話してきました。