みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

占いやヒーリングなどを勉強してプロになる

そしてプロになって活躍する

そのために重要なノウハウとしてあるのが…

「コミュニケーションスキル」

です。

この重要性は誰しもが理解していると思います。

でも、実際にそこを磨いている人は、実はあまり多くありません。

素晴らしい占術を持ちながら、でもコミュニケーションで損をしている。

そんな「残念な占い師」を私はたくさん知っています。

ここには、占い師特有のある「思い込み」があります。

真面目な占い師ほど、占いの勉強を熱心にします。

そして、コミュニケーションを、まるで「話術で言いくるめる」ような印象を持ちがちです。

いわゆる「コールドリーディング」がその代表例ですよね。

確かに、占い師である以上は「占い」を磨く必要はあります。

でも、クライエントが求めているのは、実は「占い」ではありません。

「占い」を通して自分や未来を見つめなおすことです。

そうした意味で「占い」はセラピーやカウンセリングに限りなく近いものです。

占いの勉強がムダ、という意味ではありません。

これはどの世界にも、どの分野にも言えることですが…

ある専門性を磨くためには、それ以外の要素が絶対的に必要になる

ということなのです。

また、クライエントと私たちは「言葉」でしかつながれません。

クライエントは、私たちの発する「言葉」しか受け取ることができないのです。

…そりゃそうですよね。テレパシーを使うわけではないのですから(笑)

だから、占いの結果をクライエントが受け取れる形にするためには、コミュニケーションが重要なのです。

セッション初心者の方の多くは、どうしても「占い」に意識が向きがちになります。

そうなると、どうしてもクライエントが見えません。

クライエントが見えていないと、適切なコミュニケーションを図ることができません。

だから、クライエントを見ましょう。

そして理解しましょう。

感じ取りましょう。

最初は、そこに恐怖や不安を感じるかもしれません。

でも、実はクライエントは多くのことを私たちに教えてくれています。

それを上手にキャッチしてください。

では!

追記

仕事柄、日本中を走り回っているので、飛行機に乗る機会は大変多いです。

ただ、あまりに出張が多いとさすがに大変です。

実は今月、群馬への出張が予定されていたのですが、先方の都合によりキャンセルとなりました。

…ちょっとホッとしています(^.^)

占い師・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)