皆さん、こんばんわ

占い師や心理カウンセラーの独立と集客を応援する
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです

【お知らせ】
3月28日、大阪にてアストロ心理学様とのジョイントセミナーを開催します

ミスカトニックのパートは、タロットカードを使ったセルフヒーリングをお伝えします

詳しくはこちらをご覧ください


ホロスコープとタロットで潜在意識はここまで目覚めるセミナー



さて、最近法人&個人のクライエントの多くが電話占い関連です。

そして、電話占いで特に占い師を悩ませるのは、いわゆる「10分鑑定」の問題です。

最初から「10分で!」と断ったうえで結論だけ得ようとするクライエントは少ならず存在します。

元々、占い師はクライエントの悩みに寄り添い、解決を図りたいという意識があるので、この「10分鑑定」は非常に戸惑いを感じさせます。

この「10分鑑定」の依頼に上手に対応できない、という電話占い師の方も多いのですが、この場合はどのようにすれば良いのでしょうか?

まずは、「10分鑑定に来られるクライエントの動機」について考えてみましょう。

ざっと挙げると、概ね以下のようになります

・単純にお金がない

・占い師が当たるかどうか分からないので、初回に長い時間を使いたくない

・予めクライエントなりの「こうした答えが欲しい」というものが明確に決まっていて、その答えを与えてくれる占い師を探しいている。

・他の占い師の言った内容を確認したい

・とにかく安心したいから、安心させてくれる言葉が欲しい

・少し言葉を聞いて安心したい

・少ない時間で多くの占い師の鑑定に入りたい

理由は一見すると様々ですが、根底には「不安で不安でい仕方がない」という心理が読み取れます。

こうしたクライエントの場合、何よりも求めているのは安心できる占い師の言動です。

そして、その安心探しの手段として短い時間で鑑定に入る、という行動を繰り返すわけなんですね。

この場合、占い師としてまず考えるべきは、最初の10分鑑定は良い意味で「捨てる」という意識です。

つまり、意識的に時間を長くし関わりを増やそうとする姿勢は否定しません。

しかし、そうしたアプローチの多くは上手くいきません

それよりも大切なのは、次にクライエントが不安定になったときに安心できる場所を提供する、という関係の構築です。

要するに、初回の鑑定はクライエントとの信頼関係の構築と安心の提供に集中するのが効果的なんですね。

特にこうしたクライエントの場合、占い師の言語・非言語に現れるちょっとした動揺などに非常に敏感です。

なぜなら、そもそも安心したいという気持ちが優先されているため、警戒心も同様に強いからです。

だから、占い師が少しでも身構えている姿勢が伝わると、「あ、この占い師はダメだ」という印象を持ってしまいます。

私の場合ですが、そうした「10分鑑定」があった場合、最初に「今日は10分でイイや!」とまずは考えるようにします。

そうした考えを持つことで、安定したマインドを自分の中に作ることができます。

そうした状態で鑑定を提供する事で、意外と次につながることもたくさんあります。

ぜひ試してみてくださいね。

ではでは

【追記:1】

来る3月28日、アストロ心理学さまとジョイントセミナーを開催します

駒居のパートはタロットに潜在意識を映し出す方法と、そこから潜在意識や運気を改善するメソッドをお伝えします。

特にプロを目指す方は、こうした潜在意識に対するアプローチは非常に有効です

ぜひ、ご参加くださいね!

しくはこちらへ

ホロスコープとタロットで潜在意識はここまで目覚めるセミナー

【追記:2】

子の間、出張に行ったときに撮影した、空から見た富士山。

これくらい至近距離から富士山頂上を見ることもそうありませんよね。

※ ※ ※

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)