皆さん、こんばんわ

占い師になりたい方や、占い師や心理カウンセラーの独立と集客を応援する
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです

まずは、お知らせからです。

【お知らせ】

電話占い師・電話鑑定士向けスキルアップ1Dayセミナー

~占い×心理療法×コンサルティングのキモ!~

8月23日、東京にて電話鑑定士向けのスキルアップセミナーを開催します

新規クライエントを獲得し、そのクライエントをリピーターにする秘訣をみっちりお伝えします!


詳細は以下のリンクをご覧ください

↓  ↓  ↓

残席がそろそろ埋まってきました!
残席30残席11



すいません、連載記事はちょっと後回しにしますね

というのは、どうしても説教臭くなるなぁ、と(笑)

さて、本題に入ります。

恋愛相談なんかは典型例ですが…

「いまのその人を諦めて、別の人を探した方が良い」

というケースはたくさんありますよね。

また、どう考えても見込みが少ない可能性に執着している方も珍しくありません。

その時、どうしても「いまの選択肢より、別の選択肢を…」という話しになります。

でも、そうした話しをして実際に方向転換できるクライエントって、どのくらいいるでしょうか?

確かに、中には「決心できました!」という方もおられるでしょう。

でも、仮に鑑定の最中にそうした話になっても、数日たつと、「でも、やっぱり…」となってしまいます。

占いの現場で正論が通用しないのは、まさにここですよね。

「アタマでは分かっている、でも気持ちが…」という葛藤が解消されていないんですね。

多くの占い師やカウンセラー、ヒーラーが執着を「ネガティブで人を不幸にするもの」として捉えています。

私は立場的によく占い師さんのヒアリングやアンケートを見るのですが、「執着を手放す」ということを、ことさら重視している方って、本当に多い。

でも、実際の鑑定を見ていると、あまりその辺は上手くいっていないんですね。

なぜ、上手くいかないのでしょうか?

理由は2つあります。

1つは、逆説的ですが「執着を手放す」という考え方に、占い師が執着している、というケース。

執着することで苦しみが生まれるわけですから、占い師がそこに執着すると、占い師自身も苦しくなります。

また、結局それも執着なのですから占い師自身が手放せていない訳です。

だから、執着を手放す手法を、そもそも占い師が持っていない、という話しになってしまいます。

だから、鑑定で「執着を手放さないと」ということは言えるのですが、そこにはあまり具体性がないんですね。

もう1つの理由は、実は執着することがシアワセなことだ、ということ。

執着と言うのは、確かに私たちを苦しめます。

でも、執着と言うのは希望の裏返しなんです。

昨日の記事で復縁をテーマにしたので復縁を例にとると、元の恋人に執着している、というケースがあるとしますよね。

執着はある意味でその人の時間を止めてしまうので、執着がある限り先へ進めない。

でも、執着することで「好きな人とよりを戻す」という希望を守ることができるのです。

こうした場合、執着を手放すことは自由になる事ではなく、希望を手放すことになっちゃうんですね。

すると、そこに残るのは空っぽな時間と空間だけです。

この空っぽな時間と空間って、当事者にとってはものすごい苦痛です。

ならば、苦しいけど執着と言う形で希望にしがみついていたい、ということになります。

だから、執着と言うのは苦しいものですが、でもその苦しみの中には執着でしか得られない「シアワセ」があるんですね。

さて、ちょっと試しに「執着=シアワセ」と置き換えてみてください。

それでも私たちはそれを手放せ、と言えるでしょうか?

でも、執着がその人の苦しみを生んでいることは、間違いない事実ですよね。

じゃあ、どうするべきなのでしょうか?

私はヒプノセラピストでもあるのですが、ヒプノセラピーではイメージを使って執着を手放すワークをします。

そのワークで執着を手放したときの自由や、手放して得られるシアワセを体験してもらうのですが、実はそれは手段であって目的ではありません。

目的は、「それがなくても、あなたはシアワセだ」ということを知ってもらうためです。

これは占いや鑑定でも全く同じです。

執着を手放すことは苦痛を手放すことではありません。

「あなたにはもっと素敵な人がいる」と説得することでもありません。

それがなくてもシアワセになれる、ということを知ってもらうことです。

それを知ることで、執着と言うのが窮屈でツラいものだと気づいてもらうのです。

ゴールは、今までのその執着を…

「な~んだ、バカバカしい(笑)」

と思える事なんですね。

ここには占い師の態度条件も大切です。

繰り返しになりますが、占い師の執着はクライエントにどうしても反映されます。

だから、1番目の理由っていうのはバカにできません。

そして、テクニカルなことを言うと、やはりイメージです。

執着を手放したイメージではなく、自由でシアワセなイメージから執着を手放せるようにしていくのです。

まずは、その自由でシアワセなイメージを共有できるセッションを目指してみてください。

すると、クライエントの変化も生まれやすくなります

ではでは!

【追記1】

メルマガの再開予定ですが、8月9日にしました

以降、毎週日曜日にメルマガを発行する予定です(もしかしたら、曜日は変更になるかも、ですが)

内容は以前からお伝えしていますように…

ビジネスとしての占い師・スピリチュアリストの成功法則

をお伝えしていきます。

【追記2】

来る8月23日、電話鑑定師・電話占い師さん向けのセミナーを開催いたします

内容は新規の顧客から選ばれて、リピーターを増やすためのノウハウのその詳細をお渡しするものです。

超実践的な内容ですので、ぜひぜひご活用くださいね!

詳細は以下のリンクをご覧ください

電話占い師・電話鑑定士向けスキルアップ1Dayセミナー

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】


潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら

【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ミスカトニックオフィシャルサイト」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)