みなさん、こんばんわ

占い師や心理カウンセラーの独立と集客を応援している
スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

さて、今日は連載記事の4回目です。

過去の記事はこちらです
↓ ↓ ↓
1回目
実力あるスピリチュアリストが持つ10の特徴

2回目
オリジナリティあるセッションの作り方

3回目
ブランディングの基礎となるもの

今日の4回目は…

クオリティを高める唯一の方法

についてお伝えします。

「実践こそが大事!」

ということは、皆さんご存知だと思います。

わざわざ言うまでもないくらいに(笑)。

ただ、これって結構抽象的ですよね。

もう少し具体的に考えてみましょう。

この記事のテーマは、私たちのスキルアップを図るにはどうすればいいのか、というものです。

目的はここです。

次に方法です。

「実践は大切ですよ」というのは、要は「数をたくさんこなしましょうね」ということです。

では、その「数をたくさんこなす」ということは、どういうことでしょうか?

これは…

「その『肩書き』で物事をたくさん考えていますか?」

ということなんです。

私たちは日々、たくさんの「出来事」に遭遇しています。

そして、私たちは数多くの「経験」「知識」を持っています。

その「出来事」や「経験」、そして「知識」

これらは、私たちの『肩書き』を通してみると、何が言えるでしょうか?

私たちの『過去』や『いま』は、私たちの『肩書き』に、どんなことを伝えてくれるでしょうか?

この視点というのはとても大切で、私たちの経験や知識というのは、それだけではあまり役には立ちません。

でも、ある特定の「肩書き(この場合『立場』と置き換えても良いですよね)』から見て初めて、捉えられる意味というのがあるんですね。

これは、例えば恋愛でも同じことが言えるわけです。

ある人が「彼女」「彼氏」という立場をとるから、相手の行動に特定の意味が生まれます。

でも、その立場とは別の立場、例えば「赤の他人(笑)」だったら、相手の行動が持つ意味も変わってきますよね。

つまり、ですね…

私たちは、その肩書きや立場で物事を考え、そして理解する。

ということなんです。

だから、私たちがある特定の分野で成長したいと考えるのであれば…

「その肩書きで、たくさん見て考える」

ということをしてください。

これは、ビジネスという意味でも重要ですし、またセッションの質もぐんと高まります。

ではでは!

追記

え~と、仕事納め…なんですよね、今日は(笑)

おそらく、今年中にあと1回は更新できると思います。

うん…できます(笑)

※ ※ ※

さらに濃く、実践的なノウハウを知りたい方は、こちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)