みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

さて、今日のテーマはクライエントが訴える悩みの読み解き方についてです。

悩みというのは、それ単独で存在することは稀です。

多くの場合、それはいくつかの要因から成り立っています。

例えば、こんなケース

「結婚して7年目です。

旦那は仕事人間で、なかなか夫婦としての関係を作れません。

疲れて帰ってくる旦那は偉いと思いますが、正直恋愛とか好きとかの対象として見えません。

だから、毎日がむなしい気分がして仕方がありません。

そして最近、好きな人が出来ました

その人と結ばれたいのですが、離婚のことを考えるとためらってしまい、関係が前進しません

どうしたら良いでしょうか?」

こうした場合の視点ってたくさんありますよね。

今の旦那さんとの関係という視点もそうですし、新しく出てきた好きな人との関係も気になるところです。

私の場合ですが、主訴として出てきたテーマはテーマとして扱います。

扱いますが、それを主軸にして検討することはあまりありません。

私が気にするのは、クライエントが訴えている悩みの「働き方」や「役割」だったりします。

悩みの多くは、その人自身を守るという役割があります。

なぜならば、自分自身のシアワセなどが脅かされている、維持できなくなっている、という状況があるから悩んでいるのですから。

つまり、悩まないとさらにまずい状態がやってくる、という認識がクライエントにあるわけです。

ただ、クライエントの悩み方というのは、少々変化球みたいな感じだったりします。

つまり、問題に対してストレートでないんですね。

一見すると、ずいぶんと湾曲したアプローチをとるのだなぁ、と思ったりします。

このクライエントの例を考えると、出発点は…

毎日の空しさ

だったのでしょう。

ここを考えると色々と出てくるのですが、それはいったんおいておきます。

その空しさを解消する1つの方法として好きな人との恋愛が浮かんできました。

そうすると、もともとの悩みが、今度は違うものにすり替わっているのです。

このように、元の問題が解決されないまま、別の問題にすり替わるというケースは結構あります。

これには、私たちもクライエント自身も振り回されてしまいます。

ただ、それぞれの問題をきちんと見ていると、その向かっている方向性って、実は同じだったりするんですね。

ケーススタディになってしまいますが、この方の場合は承認欲求の強さが根本にありました。

つまり、常に他者からの承認がないと不安でいたたまれなくなる、というものが原因でした。

そのために恋愛依存的な状態になってしまうんですね。

このように「大切な人とのつながりを、『ダメな自分』で作ろうとする」というケースも珍しくありません。

こうした心理面の動きを解決しないと、表面化している問題が解決できないことって多々あります。

余談ですが、私が占い師の方々に「心理療法って大事ですよ!」と大騒ぎして言っているのも、この辺の解決が重要だからです。

それはさておき、ある悩みあるいは相談を聞いたとき、その訴えの本質はなんだろう?と考えます。

そこで大切なのは…

「どうしたいのですか?」

「どうなりたいのですか?」

という問いかけではありません。

「どうなりたくないのですか?」

という問いかけなんですね。

ここに着目すると、悩みが実現したいと思っている何かが見えやすくなってきます。

ではでは!

※ ※ ※

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)