みなさん、こんにちは

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

さて、前回の更新では「ネガティブな感情が持つ大切な意味」についてお伝えしました。

今回は、ここをもう少し掘り下げて考えてみましょう。

まず、声を大にして強調したいことがあります。

それは…

多くの方がネガティブな感情について誤解している

という点です。

例えば、私たちに子供がいるとします。

その子供を育てるにあたって、最初に考えるのは、その子供が危険でない環境を整えることですよね。

そして普段のしつけも、危険回避がまず優先されるはずです。

…そりゃそうですよね。

だって、健康であることが全てではありませんが、健康でなければ全てを失うわけですから。

これと同じメカニズムを潜在意識は持っています。

つまり、私たちの安全を図ること。

ここをまず優先するわけです。

そうした点を考えると、一つの事実が見えてきます。

そもそも、潜在意識はネガティブなものですし、またネガティブでなければなりません。

つまり、潜在意識はネガティブであることで私たちの安全を確保し、守ろうとしているのですから。

そして前回もお話ししましたように、潜在意識がネガティブであってくれることによって、私たちはたいへん助けられています。

ただ、その程度も人によって様々ですし、対処法も人によって違います。

例えば、彼氏が欲しいけど、自分に自信がないから積極的になれない、というケース。

その「自分に自信がない」ということには、必ず潜在意識なりの根拠があります。

そして、潜在意識はその人に自信を与えないことで危険性を回避しようとしています。

しかし、一方で今の状態も心地よいものではない訳ですから、その人なりに解決策を考えようとしているのです。

実は、私たちがセッションでこのようなケースに出会ったとき、解決のポイントは、この3つにあります。

つまり…

(1)根拠

(2)回避しようとしているリスク

(3)問題解決の方法

この3つをセッションで拾い出し、そしてクリアにしていくのです。

これをセッションに応用するのは、そう難しいことではありません。

ほんの少しだけ、想像力を働かせるだけです。

具体的には、次の質問を頭の中に置いてください。

(1)このネガティブな感情の根拠、あるいは想像している否定的な未来は何だろう?

(2)自分に自信がないことで得られるメリットは何だろう?

(3)その問題解決の方法は、クライエントに安心感を与えるものだろうか?

さて、次回はこの詳細を実際のセッションに当てはめてみましょう。

ではでは!

追記

以前から忙しいのは間違いないのですが、最近の忙しさは普通ではありません。

まさか、1か月近くブログ更新が滞るとは、夢にも思っていませんでした。

そして、今日からは福島へ出張。

こんな感じで介護・福祉系のコンサルティングがどんどんと入ってきているのですが、一方でスピリチュアルの活動を再開する環境も整いつつあります。

9月にはセミナーもできるでしょうし、また新しい企画を発表することもできそうです。

※ ※ ※

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)