みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

さて、私たちのクライエントは例外なく「困って」います

まぁ、そりゃそうですよね。困っていなければ、私たちのところに来ないのですから。

そして、私たちはその「困った」状態を何とかしようと様々なアプローチを考えるわけです。

しかし、クライエントの「困った」を頭から信じ込むのは、実は問題があります。

というのは、クライエントの「困った」は、必ずしもクライエント自身をシアワセにしないからです

例えばです。

合コンを目前にして、緊張して何も手につかなくなる人っていますよね。

一方、合コンで異性に合うことに抵抗が全くない人もいます。

合コンで異性に合うことで緊張する、というのは立派な「困りごと」です。

でも、その「困りごと」そのものが、実はそのクライエントが抱えている「緊張する」という状況に対する、クライエントなりの対処法なのです。

だから、問題はその「困りごと」が緊張するクライエントを助けているかどうか、ということになります。

つまりですね。

「困っている」というのは、ストレスや問題に対する1つの対処法であり、セルフケアでもあるのです。

だから、その「困っている」を安易にクライエントから取り上げてしまうと、クライエント自身が持っている貴重な対処法を1つ失うことになってしまいます。

「異性と会うことでくよくよ悩まないで、リラックスしたら?」

というアドバイスに耳を傾けることができても、実行できる人は少数です。

その理由は、その困りごとを手放した後の対処法がないからです。

クライエントは「困る」ことで「ダメな自分」を何とかしようとしています。

だから、その「困りごと」を取り上げてしまってはダメなのです。

「困る」ことによって問題を解決しようとしているのですから。

私たちが考えるべきは…

「ちゃんと困らせる」

ことです。

言い換えるならば…

「正しく『困らせる』にはどうすればいいか?」

という視点を持つことです。

要するに、「困り方を変える方法」を伝える技術といえるかもしれませんね。

先の例でいうと、異性と会う貴重な機会である合コンを前にすると、いつも緊張してしまう。

その「緊張する」は事実ですから、受け入れるしかありません。

実際に「緊張してしまう」のですから、「緊張するな」と言ってもムリな話しですよね。

でも、その事実を変える方法だってありますよね。

変える方法について「困っている」のであれば、それは正しく「困って」います。

でも、「緊張するんです」で思考停止に陥っているのであれば、その「困っている」は間違いです。

この場合、「緊張する」で「困っている」のではなく、「思考停止に陥っている」に対して「困っている」のですから。

よって、「緊張を解くにはどうすればいいか」という説明を繰り返しても、まず受け入れられることはありません。

それよりも…

「緊張してしまう、で思考が止まってしまっていますよね。

何も考えられない、ということの方をまず解決する必要がありませんか?」

というアプローチから始める必要があるのです。

このように、クライエントから…

「困っているんです」

という訴えがあったときは、その「困っている」を、正しく理解しましょう。

多くのクライエントは、困っているポイントがずれているから解決できないのですから。

そして、私たちは…

「あなたの『困りごと』って、実はここですよね」

というポイントを上手に示してあげましょう。

そうすると、クライエントは「正しく『困り』始める」ことができるのです。

ではでは!

追記:1

唐突ですが、10月に東京と大阪で電話占い師、電話占いセラピスト向けのセミナーを開催します。

詳細は、こちらをご覧ください
↓ ↓ ↓
http://www.miskatonic-online.com/

セミナー内容の情報は、随時こちらでアップデートしますね。

追記:2

最近、家に帰るともうヘトヘトで…(苦笑)。

電気をつけっぱなしで寝ることが珍しくなくなりました。

疲れてるなぁ…