皆さん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです。

さて、今日のテーマは…

「求めるべきアウトカム(成果、結果)に対して思考停止に陥ると危険ですよ」

という内容です。

占い師の方とお話しをしていると…

「クライエント自身が自分で考えて答えを出すのを応援したい」

という趣旨のお話しをよく聞きます。

この内容そのものは、セッションのアウトカムとしては適切です。

…ですが、ここで思考が止まってしまうのと、「そもそも、なぜクライエントは自分で考える必要があるのか?」というところまで考えるのとでは、まるで結果が違ってきます。

というのはですね

「クライエント自身が自分で考えた結論であれば、内容は何だって良い」

と私たちは考えていませんよね。

ほとんどの方は、意識的にせよ無意識にせよ…

「出してもらいたい結論の方向性」

を持っているはずです。

では、その方向性はどこを指しているのでしょうか?

「クライエント自身が自分で考えて答えを出すのを応援したい」というテーマから考えてみましょう。

私たちに「考えるチカラが与えられている」意味はなんでしょうか?

それは…

「私たちは、私たちにとって最適な解決策を導き出すことができる」

ということを意味しています。

つまり、本来的に私たちは自分をシアワセにする能力を持っている、ということです。

そして、その能力こそが、私たちを「私たちらしく」するものなんですよね。

心理カウンセラーや占い師は、クライエントのそうしたチカラを引き出すためにいる、と私は考えています。

私がこの仕事を愛しているのは、クライエントのそうしたチカラを引き出す瞬間が楽しいからです(笑)

単に「こうあるべき」という点で思考を止めてしまうのではなく、もう少し先へ進めてみましょう。

そうすると、よりクライエントの深い部分にまで触れることができるようになります。

ではでは!

ジョニー・ウィンター、亡くなっていたんですね
(´;ω;`)ブワッ

※ ※ ※

電話占い師・鑑定師の方を対象とした、占いで成功するノウハウを公開するセミナーを開催します!

詳細は、こちらをご覧ください
↓ ↓ ↓
http://www.miskatonic-online.com/

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)