皆さん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです

さて、今日のテーマは…

「クライエントが何か決断したときに気を付けるべきこと」

についてお伝えしますね。

悩みを抱えている状態というのは、相当にストレスフルなものです。

これは皆さんも経験があるはずで、グレーな状態のまま何も決められないのは、相当に精神力を使います。

そのため、クライエントはとにかく「決めたがり」ます。

「決める」「決断」することで、今の不安定な状態から抜け出そうとするんですね。

確かに、何も決められないよりは、何か決断した方が良い。

その方が前へ進むから。

そう思えますよね。

ただ、私は実はそうは思っていないんですね。

基本的に私はクライエントの決断は信用しません。

(正確に言うと、自分自身も含めて、そもそも『決断』なんて信用していません)

理由はカンタンです。

決断することと、その決断を維持することは全く別だからです。

つまり、ある決断をしても、その決断通りの行動をとるには、それなりの準備が必要になる、ということなんですね

例えば、ある人が「英語の勉強をする!」と決断したとしましょう。

それは素晴らしい事ですが、英語の勉強をすると決めることと、勉強をし続けることは全く別です。

そして何よりも…

「本当に好きな事だったら続けられる」というのは幻想でしかない

という点はしっかりと押えておくべきです。

私たちの同業者はとかく…

「本当の気持ち」
「本当にやりたい事」

を重視したがります。

そして、それが本当の気持ちであったら、自然と上手くいくと考えがちです。

しかし、これは完全な誤りですよね。

「できないこと=本当の気持ちではない」

というほど、私たちの感情や思考は単純ではないからです

どんな形であれ、意思の強さに依存した決断ほど壊れやすいものはありません。

だから、クライエントがある決断をしたならば、その決断を守るための方法を考えて欲しいんですね。

そこで、私たちが出来ることが1つあります。

クライエントに、このように問いかけて欲しいのです。

「その決断は大変すばらしいと思います。

では、その決断を形にしていくために、私たちは何を考えるべきでしょう

また、どんな準備をするべきでしょう」

では、今日はこの辺で!

追記

本当にありがたいことに、最近接待漬けでした(笑)

おいしいものを頂けるのは嬉しいのですが、さすがにこうも続くと体力の限界が…(笑)

※ ※ ※

10月26日に大阪にて電話占いセミナーを開催いたします!

詳細はこちらまで
↓ ↓ ↓


詳細は、こちらをご覧ください
↓ ↓ ↓
http://www.miskatonic-online.com/

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)