みなさん、こんばんわ

占い師や心理カウンセラーの独立と集客を応援する
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです。

さて、仕事柄、よく占い師さんの鑑定をチェックする機会が多々あります。

そんな中で、「あぁ~、やっちゃってる!」と思わず頭を抱えてしまうケースというのがあります。

それは…

「クライエントの質問をきちんと理解していないこと」

一見すると、すごく初歩的です。

しかし、非常に奥が深くて大切なのが、ここなんですね。

実は、このミスは初心者と経験者が好んで犯す間違いです。

今回は経験者の方を見ていきましょう。

クライエントの大半は、抱えている悩みを解決したくてやってきます

その悩みの原因は様々ですが、じつは悩みには一定のパターンがあります

そして経験がある占い師ほど、そのパターンをたくさん知っているので、すぐに…

「あ、これはあのパターンだな」

と分類できてしまいます。

「不倫=絶対に別れた方が良い」みたいなのは、その典型例ですよね。

となると、占い師からすればもう情報をもらう必要がなく、答えは出てしまっています。

その結果、クライエントの言いたい事を聞く必要は占い師にはなくなってしまいます。

すると、どうしても「言いたい事」が先行してしまいます。

つまり、答えをクライエントにドン!と渡してしまって、ハイ解決したでしょ!というパターンですね(笑)

これはクライエントから見ると、「答えを与えてもらえた」という印象よりも「分かってもらえなかった」という印象の方が強くなります。

確かに、その答えはもしかしたら100%正しいのかもしれません。

でも、「正しい答え=受け入れられる答え」ではありません。

というのは…

「私たちは『理解された』という経験なくして受け入れることは難しい」

からです。

また(ここが重要ですが)、クライエントの求めているものは、「答えをもらえる事」だけではありません。

これはクライエント側にはあまり意識されていませんが、クライエントは間違いなく「理解される事」を求めているからです。

なぜなら、理解されたという体験によって、占い師との間に個人的な信頼関係ができます

そして、その信頼が安心を作ります

その安心がベースにあって初めてクライエントは行動できるからです。

適切なアドバイスを提供することも非常に大切です。

むしろ、クライエントと人間関係が出来た以降は、そのアドバイスの精度が重要なカギとなります。

しかし、それと同じくらいに「クライエントの悩みについてまわっている感情」を理解することも大切です。

もしも、あなたが占い師として、あるいはカウンセラーとしてクライエントの行動や変化を促したいのであれば…

「悩みに対するアドバイスと同じくらい、その悩みにくっ付いている感情」

に着目してくださいね。

ではでは

【追記1】

今日は広島県呉市でセミナーをしてきました

そろそろセミナーラッシュがやってきます(苦笑)

【追記2】

来る2月28日、対面占い師さんを対象としたスキルアップセミナーを大阪にて開催します!

詳細はこちらへ

http://www.miskatonic-online.com/

※ ※ ※

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)