皆さん、こんばんわ

占い師や心理カウンセラーの独立と集客を応援する
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです

【お知らせ】
2月28日、大阪にて対面占い師を対象にしたスキルアップセミナーを開催します。

詳しくはこちらをご覧ください

http://www.miskatonic-online.com/

さて、今日のテーマは前回からのテーマです

今までの記事は以下をご参照ください

占いに心理学は必要か?pt.1

占いに心理学は必要か?pt.2

今日は3回目ですね。

占いと心理学・心理カウンセリングが近い距離にある事は、当然の事と言えます

それは、占いも心理学も扱うテーマが重なっている事によります。

両者とも同じように人間関係を扱い、同じように精神的心理的な問題を、そしてパーソナリティを扱います。

しかし繰り返しお話ししましたように、心理学を勉強することが占いのスキルアップにつながるとは必ずしも言えません。

占いは人間心理を取り込んで発展してきているため、本来的に心理学的にできています。

そのため、占いのスキルアップを目指したいのであれば占いの技術をまずは高めるべきでしょう。

よって、占いを勉強中の方がスキル不足を自覚されている状況において心理的なものを取り入れる事には賛成できません。

また、そもそも心理療法とは必ずしも安全なものではありません。

よくインターネット等で…

心理療法やヒプノセラピーは副作用がない

と言われますが、これは大間違いです。

狭義の心理療法、例えば来談者中心療法や認知行動療法には、副作用もありますし、適用が禁忌のケースも存在します。

また、ヒプノセラピーでは明らかに適用してはならない対象があり、その結果一般の心理療法よりも適用範囲は限定されています。

そうした危険性があるがゆえに、心理療法家はアセスメントを周到に行い、適切な介入方法が何かということを見極めるのです。

そうしたアセスメント等の準備なく心理療法を安易に実施するのは、暴力以外の何物でもありません。

だから必要性を感じるのは否定しませんが、やはり慎重であるべきです

とは言え、です。

そうした安易な(狭義の)心理療法の適用は厳に慎むべきですが、しかし一方でこうも考えます。

占い師が占いのスキルアップのために心理学を取り入れることは、あまり意味がありません。

しかし、ある意味において心理学あるいは心理療法は非常に有益です。

その意味とは、多様な視点と問題解決能力が高まる、という事です。

さて、また長くなりそうですので、次回へ続きます

【追記】

今日は福島県で出張コンサルティングを行ってきました。


介護福祉制度が大幅に改正される中でのコンサルティングですが、しかしハッキリと手ごたえを感じます。

やはり、学び成長しようとする組織や人間は強いのです。

かのダーウィンは…

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。


唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である」

と言いました。

心理療法家としても占い師としても、またスピビズコンサルとしても、このことは肝に銘じなくてはなりません。

【追記2】

来る2月28日、対面占い師さんを対象としたスキルアップセミナーを大阪にて開催します!

詳細はこちらへ

http://www.miskatonic-online.com/

※ ※ ※

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)