皆さん、こんばんわ

占い師になりたい方や、占い師や心理カウンセラーの独立と集客を応援する
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです

まずは、お知らせからです。

【お知らせ】

電話占い師・電話鑑定士向けスキルアップ1Dayセミナー

~占い×心理療法×コンサルティングのキモ!~

8月23日、東京にて電話鑑定士向けのスキルアップセミナーを開催します

新規クライエントを獲得し、そのクライエントをリピーターにする秘訣をみっちりお伝えします!


詳細は以下のリンクをご覧ください

↓  ↓  ↓



さて、先日の更新で「売れない占い師はなぜ生まれる?」という連載記事を書く、と言いましたが…

今日はちょっとお疲れなので、連載記事は明日以降にさせてください。

その代り、今日は「占いとエネルギーのフシギな関係」についてお話ししたいと思います。

皆さんの中にも、プロとして占いをするとき、瞑想やヒーリング、浄化をされている方も多いのではないでしょうか?

私も鑑定を始める際は、必ず瞑想と沐浴を行うようにしています。

これはある種の儀式として気分が切り替わる、と言うものもありますが、やはり的中率にはものすごく影響します。

特に私が重視しているのが瞑想なのですが、この場合、行う目的は大きく分けて3つあります

①エネルギーを「練る(錬る)」

②センタリング・グランディングをする

③下丹田を活性化させる

この中で特に大切なのは「下丹田」です

私の場合は比較的チャクラはすぐにオープンにできるため、瞑想ではあまり時間をかけることはしません。

その代り、下丹田にはものすごく時間をかけるようにしています。

下丹田は、いわば「エネルギーや氣の中心」になるところです。

ここが活性化していないと、鑑定中に「降ろすべき」氣が降りてくれません。

そうなると、鑑定にぶれが生じるんですね。

また、瞑想を通して自分自身の氣やエネルギーを掴み、練っておかないと、その後に必要となる浄化などもできなくなります。

特に私の場合、「蛇(本物じゃないですよ)」を使うので、その蛇との協働が働くためにも、この作業は必要です。

そう考えると、鑑定前の瞑想と言うのは、鑑定のための「エネルギーの補充」みたいなものかもしれません(笑)

もしも、下丹田を活性化させることに興味がある方がおられたら、次の方法を試してみてください。

下丹田は、おへそからだいたい指3本か4本下の所にあります。

ただ、皮膚の表面ではなく、体内にあることに注意してください

そして、下丹田の動きに注意をしながら腹式呼吸を繰り返します。

そこでエネルギーを感じることができればOKです

そのまま、5分程度その呼吸を繰り返して下さい。

これが、最もカンタンな下丹田の呼吸方法です。

では、今日はこの辺で!

【追記】

来る8月23日、電話鑑定師・電話占い師さん向けのセミナーを開催いたします

内容は新規の顧客から選ばれて、リピーターを増やすためのノウハウのその詳細をお渡しするものです。

超実践的な内容ですので、ぜひぜひご活用くださいね!

詳細は以下のリンクをご覧ください

電話占い師・電話鑑定士向けスキルアップ1Dayセミナー

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】


潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら

【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ミスカトニックオフィシャルサイト」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)