皆さん、こんばんわ

スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです

 

まずはお知らせから

 

いま、非常に脚光を浴びている電話占い業界

その業界で勝ち残るためのノウハウをご提供するセミナーを開催いたします

詳細は、以下のリンクをご覧ください

毎月100万円稼ぐ電話占い師が教える、願いを叶える電話占い師スキルアップセミナー

 

さて、本題に入りましょう。

 

鑑定の「場」というのは、一種独特なものがあります。

 

そして、鑑定の「場」に限定して言うと、そこで起こる出来事は、ある種の導きや

大きなヒントを暗示しているケースというのが珍しくありません。

 

だから、鑑定というのは「クライエント対占い師」という直線的なものではないんですね

 

クライエントと鑑定師を包む「場」全体が1つになって鑑定として成り立っている、

という感覚と言いえるのではないでしょうか。

 

だから、クライエントに対するアプローチも、例えば癒すのであれば

クライエントを直接というよりも、クライエントや私たち占い師を含めた

全体を癒す、という視点を持つと、これが非常にうまくいきます。

7d14a41cae9cc2549e181116e9a4ddb8_s

 

例えば、鑑定をしていると、クライエントの状態につい私たちも同調しがちになってしまいます。

 

いわゆる「もらってしまう」状態とも言えますが、クライエントの「しんどさ・つらさ・大変さ」という感情が

私たち占い師にも、まるで感染したかのように感じられることって多々あります。

 

ある意味で、私たち占い師は占いという「場」を通して、クライエントと共鳴し同調する状態になります。

 

だから、クライエントの大変さ、辛さを身体的なもので私たちが「受けて」しまうのは、

ある意味では仕方のないことです。

 

ただ、この状態というのは非常に興味深く、私たちがクライエントと同調し、同じような感情を

身体的に抱えることで、そのクライエントの背負っているものがありありと分かる、という効果もあるんですね。

 

先日の話し

 

あるクライエントの鑑定をしていると、どうもわき腹がズーンと鈍くいたい感じがする。

 

これを単なる「痛み」や「受けた」と考えてしまうと、その痛みは余計なものですよね

 

でも、これを「鑑定に参加している登場人物の1人」と考えるのです。

 

つまり、そのわき腹の痛みは、何かを暗示したくて

何か伝えたいことがあって鑑定に「やってきた」訳なんですね。

 

そして、クライエントやカードと対話をしながら、そのわき腹の痛みとも対話を進めていきました。

 

「このわき腹の痛みは、私に何が言いたいのだろうか?」

 

そんなことをぼんやりと考えていると、何かをずっと引っ張ろうとしている感覚を覚えました

 

その瞬間、「彼はどうしても私の考える方向と逆の方ばかりに行ってしまうんです」と話されました。

 

そこで、私は問いかけてみました。

 

「そういう彼を見ていて、あなたはどんな気持ちになりますか?」

 

「すごく焦ります」

 

「すごく焦る…焦りを感じた後、どのようになりますか」

 

「居ても立ってもいられなくなるので、なんとか彼を…」

 

「引っ張ろうとする?」

 

「そう!本当にその通りなんです!」

 

「引っ張ろうとするときのお気持ちはどんなものですか?」

 

「辛いです。でも、それしか方法がないから…」

 

詳細は省きますが、このクライエントは思い通りにならない彼を「引っ張る」ようにコントロールすることで、

何とかしようと必死になっていたのです。

 

しかし、それは彼との関係においても、クライエント自身の精神的な面においても、

マイナスの効果しか生んでいませんでした。

 

そこで、私が再び問いかけました。

「もしも、『私たち』が彼を手放したら、どうなるでしょうか?」

 

「どこか、遠くに行くような…私のことはどうでもよくなるんじゃないかって…」

 

「果たして、彼を引っ張り続けなければ、この関係が維持できないのでしょうか?

手放しても、なお彼があなたのことを好きでいてくれる関係を作ることはできないでしょうか?」

 

「それは…理想ですよね、そうなりたいです」

 

「では、一緒に『引っ張る』ことをしなくてもいい関係を作りませんか?」

 

「先生、なんか、それだけですっきりした気持ちになりました」

 

不思議なことに、この段階でわき腹の痛みは消えていったんですね。

 

クライエントを癒すという行為は、逆説的ですが私たち占い師やセラピスト側を癒すことも意味します。

 

なぜなら、クライエントと私たちが繋がっているとき、そのクライエントの抱えているものが、まるでヒントのように

私たちの身体に降りかかってくるからです

 

ここで、私もクライエントも同じ痛みや苦しみを抱える存在になります

 

だから、共に癒される、というアプローチが意味を成してきます。

 

占い師をしていると、何かしらの形でクライエントを癒す、つまり「ケア」をする必要性が出てきます。

 

この時、クライエントを直接ケアする、というよりも…

 

「この鑑定全体の『場』も含めてケアをする」

 

という視点を持ってみてください

 

そのためには…

 

「いま、この鑑定の『場』で何が起こっているのだろうか?」

 

という意識が大切になってきます

 

ではでは!

 

【お知らせ プロ占い師養成講座の開催】

2_main

この度、外部講師として大阪のスピリングスクールにて、プロ占い師養成講座を担当することになりました。

プロの占い師として必要なブランディングやコミュニケーションスキル、

さらには臨床心理学等に基づくカウンセリングやコーチングのスキルを体系的に学べる講座です。

この詳細は、以下のリンクをご覧ください。

 

 

プロ占い師養成講座(初級)

プロ占い師養成講座(上級)

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】