みなさん、こんばんわ

 

占い師さんの集客とリピーター獲得をサポートする

スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックです。

 

さて、今日はクライエントが自分自身の悩みと上手に付き合うための「考え方」についてです。

mural-1347673_640

私たち占い師のアドバイスの多くは、

クライエントに「こう考ええると上手くいくよ」という、考え方にフォーカスしたものだったりします。

 

例えば、相手の言動に腹が立ってしまう、などという場合に…

 

「相手にそうした悪気はないんだよ。だから、もう少しポジティブに考えた方が良いよ」

 

というものが典型例ですよね。

 

このように、「考え方を変えましょう」アプローチは、確かに非常に有効です。

 

実際、クライエントの悩みの大半は現実に対する考え方です。

 

だから、クライエントは自分自身の考え方で自分を苦しめている、ということが言えますよね。

 

心理学的に言うと、「より『適応的』な考え方をしましょう」という事になります。

 

私の専門である認知行動療法の場合は、特にこの点が重要視されます。

 

しかし、です。

 

ここで占い師として注意しなくてはならないことがあります。

 

それは…

 

「適応的な考え方をする事と、問題があたかもないかのように振る舞う事は、そもそも違う」

 

という事です。

 

例えば、相手とケンカが絶えない関係で悩んでいるクライエントがいるとします。

 

そのクライエントが、

「この関係がこのまま終わったらどうしよう?」という不安を抱えているとしましょう。

 

この時、「終わったらどうしよう」という考えそのものを、

あたかも「存在しない」かのようにするアプローチを取るとします。

 

つまり、まるで振り払うかのように、そのように「考えない」ということですよね。

 

このアプローチが上手くいくケースは、実はあまり多くありません。

 

というのは、いくら否定してもそうした考えは

間違いなくクライエントの脳裏に浮かんでくるかです。

 

浮かんでは消して、浮かんでは消して…という事を延々と繰り返しても、

結局は浮かんでくる考えに「負けて」しまいます。

 

占い師として(またセラピストとして)考えるべきは…

 

「そのように『考えてしまう』という現実とどう上手に付き合うか?」という点を考える、という事です。

 

つまり、考えてしまう事、それそのものは仕方のない現実です。

 

その現実そのものを変えることができるのであれば、それに越したことはありません。

 

でも、それは実際のところ、相当に難しいものです。

 

むしろ、そうした考えが浮かんでくる、ということを認めた上で…

 

「さて、それに『巻き込まれないようにする』には、どうしたらいいだろう?」

 

と考えることなんですね。

 

ある考えが浮かんでくる、ということは、

その考えが浮かぶ「条件」が現実に存在することを意味しています。

 

それは、潜在意識の信念体系やプログラムかもしれませんし、

相手との関係でどうしても生じるものかもしれません。

 

その浮かんでくる考えそのものを、「頭からなかったことにする」よりも、

考えは考えとして認めた上で、ただ巻き込まれない方法を考える方が、はるかに現実的です。

 

考えが私たちを苦しめる時、私たちはその考えに例外なく「巻き込まれて」います。

 

そのため、「あ、巻き込まれてるな」という事に気づいて、

「さて、離れよう」と考える方が現実的でかつ効果的です。

 

さて、上手にクライエントが自分自身の問題から離れられるようにアシストしてくださいね

 

ではでは!

 

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

フェイスブックで、毎日占い師のヒントを発信中です!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】