こんばんわ

占い師専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日は相談者に対するセラピーのお話をします。

占い師が扱う問題の大半は恋愛問題です。

そして、相談者が恋愛で失敗するケースの大半が、感情のコントロールに原因があります。

相談者が自分の感情をコントロールしなくてはならない場面は、たくさんありますよね。

たとえば、先日あったケース。

その相談者は遠距離恋愛をしています。

しかし、彼は仕事が忙しく、なかなか連絡をくれません。

普段は我慢しているのですが、ストレスがたまってくると、感情が表へ出てしまいます。

しかも、「怒鳴る」「怒る」という方法ではなく、不機嫌な言動をするという形で。

そうなると、相手としてはどう対応していいのか分かりません。

また、積極的なアクションが相談者側の方から出ていませんので、言い合いにもケンカにもなりません。

結局、気まずいままデートが終わってしまう…というパターン。

こうした失敗がたまに発生する分には構わないのですが、デートのたびにこれがあると関係は壊れてしまいます。

その危険性は相談者もわかっているのですが、しかしどうしても感情がコントロールできない…。

ここで、一つのテクニックがあります。

身体感覚を上手に活用する方法です。

身体に意識を向けてみると、体は多くの情報を発しています。

胃の方に向けると、おなかの空き具合を返してくれるでしょう。

肩に意識を向けると疲れ具合を教えてくれます。

では、カラダに心地いい部分はありませんか?

もしも、大きく深呼吸したら、肺のイキイキとした感覚を味わえるでしょう。

少しカラダを動かしてみてください。すると、筋肉のほぐれが心地よさを伝えてくれます。

その感覚を捕まえて、イメージで全身に行きわたらせましょう。

その心地よさを全身で味わってください。

そして、その感覚をキープするようにしましょう。

すると、感情のコントロールはより容易になります。

相談者にアドバイスをする場合、単に「こうしたらいい」と指示するだけでは不十分です。

不満を募らせている相談者に対して、「感情的にならないで」というのはカンタンです。

しかし、そうしたアドバイスはなかなか守られません。

実行できないアドバイスを受け続けると、相談者は無力感を感じます。

その結果、相談者は別の占い師を探すようになってしまいます。

それは占い師にとっても相談者にとってもアンハッピーですよね?

現実的なアドバイス」をするときは、「それを実行する方法」も伝えてあげてくださいね

では!

【関連記事】
もしも、あなたがいなかったら…?
占い師の特殊能力について【人気占い師のための集客とブランディングを考える】
相談者の「本当の悩み」

人気ブログランキング


ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる

人気占い師を目指しませんか?

豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ

「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ

「稼げる人気占い師・セラピスト・ヒーラー養成集客講座」

■稼げる占い師になるためのコンサルティング

■悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー

 お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)