皆さん、こんばんわ

占い師専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日はクライエントのマインドを開放するセラピーについてお伝えします。

クライエント…だけでなく私たちも、ですが、多少なりとも「できない病」にかかっています。

これは、「私には●●はできない」と、自分自身にリミットを設けてしまうことです。

「私は良い仕事に就けない」

「私は彼の前で自然にふるまえない」

「私は彼と付き合えない」

「私はダイエットができない」

「私は夢がかなえられない」

…などなど。

そして、それには必ず根拠があります。

「私は良い仕事に就けない。なぜなら、今まで仕事をしていて、いつもトラブルがあったから」

「私は彼の前で自然にふるまえない。なぜなら、彼の前に出ると、いつも緊張するから」

「私は彼と付き合えない。なぜなら、彼は私はタイプではないから」

「私はダイエットができない。なぜなら、今まで失敗しているから」

「私は夢がかなえられない。なぜなら、みんなが『無理』と言うから」

それは思い込み、というのは、実はカンタンです。

そして、確かに思い込みです。

過去、そうであったから未来がそうだとは限りません。

誰かが言ったから、実際にそうだとは限りません。

でも、思い込みには強力な根拠があります。

なぜなら、少なくとも過去は実際にそうだったのです。

だから、記憶の中の自分は「できない自分」なのです。

記憶は潜在意識の中にあります。

そして、潜在意識と顕在意識がケンカをした場合、100%顕在意識が負けます。

だから、「思い込みアプローチ」は意外と効果は出にくいのです。

では、どうすれば良いのか?

先ほど、「リミット」という言葉を使いました。

ここに着目して欲しいのです。

過去そうだったからと言って、なぜリミットが発生するのでしょうか?

それは「自分を守るため」です。

つまり、これ以上失敗経験を繰り返して、自分を傷つけないようにするためにリミットを作るのです。

「できない病」=「自分を守るため」

出来たら、自分を守れなくなってしまいます。

だから、リミットを設けるのです。

ここまでくれば、マインドを開放するアプローチはいくつかあります。

その中の1つとして、次のような問いかけをします。

「もしも、いまそのチャンスが来たら、困ることはありませんか?」

このとき、色々と困ることが浮かんでくるはずです。

その困ることを開放すると、できない病はきちんと完治します。

例えば…

「彼の前に出ると緊張します」

「じゃあ、緊張しなくなったら困ることはありませんか?」

「…素の自分を出して嫌われるんじゃないかと心配です」

治すべきは「できない病」ではなく、「自信のなさ」に変わりましたよね?

ぜひ、試してみてください。

では今日はこの辺で!

追記

東京出張から帰ってきたら、うちのムスメが箱に入っていました(^.^)

■ミスカトニックのミッションについて

【関連記事】
スピリチュアルビジネスでの専門性【人気占い師になるための思考法】
問題との「距離感」を図ることの大切さ【人気占い師の問題解決術】
相談者の過去を認める大切さ