みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

ようやく仕事が終わり、いま駅の構内でこれを書いています(^_^;)

さて、今日のお話は、私の20代の経験から始まります。

当時、私には付き合っている女性がいました。

そして、その女性とは真剣に結婚を考えていて、彼女にもそのことを告げていました。

当時、私たちはまだ若く、経済的にも不安定でしたが、しかし2人で力を合わせていこうと話し合っていました。

私は彼女と結婚するつもりでいましたし、彼女も同じだと思っていました。

私の誕生日の前日のこと。

私と彼女はいつものように会っていました。

そして、彼女の方から「あした誕生日だよね?部屋に行ってお祝いするよ」と言ってくれました。

私は「あぁ、良い彼女だなぁ~」とシアワセな気持ちでいっぱいでした。

誕生日当日。

私は部屋で彼女を待っていましたが、一向に来ません。

あれ?

何かあったのかな?

そう思って彼女に電話すると、彼女からこう告げられました。

「ごめん、別れよう」

え?

どうして?

「実は、前の彼氏とも付き合っていて、妊娠したの」

…絶句しました。

「今日、私は誕生日なんだけど…」

私は震える声で、こう言うのが精いっぱいでした。

彼女の返事はそっけないものでした。

「あぁ、ごめんね。おめでとう」

その時、私は「なぜ?」という思いでいっぱいでした。

なぜ、私だけこんな目に?

なぜ、神様は私にこんな仕打ちを許すのだろう?
(私はクリスチャンですから)

なぜ、私はこんなにツイていないのだろう?

…さて、これを読まれている皆さんに質問です。

私は不幸でしたか?

私はツイていませんでしたか?

答えは、当然「NO」ですよね。

ちなみに、今の私にとって、このエピソードは心理系のセミナーで掴みとして使う格好のネタです(^.^)

さて、答えは「NO」だとして、問題はその意味付けです。

彼女がひどい女性だったから?

今の私がシアワセな結婚をしたから?

当時の私に何かしらの非があったから?

これは、すべて「NO」です。

フラれた瞬間ですら、彼女に恨みはありませんでした。

二股を責める気もありませんでした。

今の私の結婚生活と彼女とは、当然何の関係もありません。

また、確かに当時の私は若くて未熟でしたが、それとこの出来事は別の話です。

彼女を責めるつもりもないし、私のせいでもないし、別に神様の意地悪でもない。

では、なんでしょうか?

今から、皆さんがびっくりすることを言います。

いいですか…?

意味なんて必要ないのです。

意味なんてなくてもいいのです。

意味を探す必要はないのです。

意味を手放したら、意味は向こうからやってきます。

だから、その意味がやってくるまで、ありのままでいいのです。

意味を手放し、ありのままである。

これは、とても大切なことです。

では、今日はこの辺で!

税金…というよりも、労働保険が少し返ってきました。

わーい!

こうした手続きも社長さんの大切なオシゴトなのです(^.^)

ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる

人気占い師を目指しませんか?

豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ

「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ

「ふしぎ・シアワセ研究所」

 お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)