みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日のテーマは…

「相手がこちらの気持ちをわかってくれないとき、どうするか」

について考えてみましょう。

さて、みなさん。

恋愛で失敗する方の特徴が1つあります。

この特徴が出始めたら、要注意!

多くの場合、この特徴が出始めてから関係が終わるまで、そう時間はかかりません。

その特徴とは…

「『私だったら(普通だったら)、こうするのに』症候群」

というものです。
(ネーミングは、いつものように私が勝手につけました)

恋愛をしていて、相手の愛情がこちらに向いているのかどうか、気になることってありますよね。

そして、相手の愛情が向いていないと感じられたとき、多くの方は我慢します。

そして我慢を重ねていくうちに不満をため込みます。

やがて、その不満は相手にぶつけることで解消されます。

でも、関係はその分だけ傷つきます。

この「分かってくれない!」という不満をため込む方はたくさんいます。

その思いはやがて…

「私だったら○○○するのに!」という形に変わっていきます。

つまり、クライエントの基準を一般化して相手を責めてしまうのですね。

ただ、これは本当に要注意です。

というのは、その基準はたいてい

「クライエントのして欲しいこと」

がそのまま表れてきます。

クライエントの基準で考えて、そのクライエントの基準通りで判断するならば、たいていは「愛情のない行動」になるでしょう。

でも、それはあくまでもクライエントの考えや基準であって、相手の基準ではありません。

相手は仮に付き合っていても、別の世界で生まれ育った他人です。

同じ基準を持つことは、まずありません。

こうした「『私だったら(普通だったら)、こうするのに』症候群」がなぜためかというと…

この症候群にかかっている人は、相手を理解できていないからです。

いや、こういうと「私は理解しようとしています!」という反論もあるでしょう。

分かります。確かに、理解しようとしているでしょう。

でも、「理解する」というのは、能動的に相手を知ろうとすることです。

ただ、相手の状況を先回りして黙って我慢することではありません。

つまり、多くの方が「理解」と「我慢」を混合してしまっているのです。

あなたのクライエントの努力は…

「理解」ですか?

それとも「我慢」になっていますか?

もしも我慢になっていたら要注意。

できるだけ「理解」の方向へ促していきましょう

では!