一兆円市場といわれるスピリチュアル業界。
その中で勝ち残り、飛躍するお手伝いをいたします。

 

弊社では、以下の業務を行っております。

 

●占い運営会社スタッフスキルアップセミナー

●占い運営会社占い師向けスキルアップセミナー

●占い会社所属占い師向けアドバイザリー

●対面、電話占い構築支援(ページ準備中)

●占い師プロデュース支援(ページ準備中)

 

 

 

 

 

 

以下、占いビジネスでの勝ち残りの方法について

考えてみたいと思います

 

【スピリチュアル業界の動向】

三菱USJリサーチ&コンサルティングによると、

スピリチュアル業界の市場規模はおおよそ1兆円と言われています。

 

その中でも中核を担うのが、いわゆる「占い関連」のビジネスです。

 

占いは恋愛や結婚、就職等のライフイベントとも

密接に関連しているため、常に安定的なニーズが存在しています。

 

また、いわゆる「ストレスチェック」の導入に代表されるように

「心の健康」に関する関心は年々高まっていますが、

しかし風土的に日本ではカウンセラーはあまり一般的ではなく、

そのためメンタルケアの受け皿として占いは大きな役割を果たしています。

 

また、競争は激しく、新規参入のリスクも決して無視できません。

 

個人・法人を問わず占い業界はコンテンツ産業の側面があり、

そのため新規参入がしやすい反面、競争過多の成熟産業でもあるため、

勝ち残っていくことは非常に難しい一面もあります。

 

【業界で勝ち残るためには?】

 

飽和市場において勝ち残るための戦略は、

「人・情報・立地」の3つの要素が重要になります。

 

まず「人」ですが、占い事業の場合は以下の点が重要になります。

 

■サービスの担い手たる占い師の質とブランディング

■占い師をマネジメントするためのスタッフ教育

 

占い事業の場合、サービスは決定的に占い師に依存するため、

その質の確保が何よりも重要です。

 

また、占い師はある種「感情労働」の一面もあるため、

占い師に対する適切なマネジメントが図れない場合、

その確保が困難になります。

 

運営側としては、占い師から見て公平性が担保された運営と、

占い業界の事情にある程度精通した上で適切なマネジメントを

図れるスタッフの存在は非常に重要です。

 

次に「情報」はいうまでもなくコンテンツであり、

またその情報発信のあり方です。

 

コンテンツがウェブやリアルで流通するためには、

独自性のあるコンテンツの開発が必要不可欠です。

 

そして、ここには占いユーザーが

どのような存在であるのか、という理解がカギとなります。

 

また、ブランディングを対ユーザー視点で見た場合、

「どの情報を、どのように発信するのか」ということに尽きます。

 

最後の「立地」ですが、これはリアル店舗の場合は文字通り立地の場所、

そして電話占いやウェブ上の集客では占い会社あるいは

占い師としてのポジショニングを意味します。

 

占いの内容は非常に多様性があり、

伝統的な占術から縁結び等に代表されるような

祭祀的要素の強いものまで様々です。

 

そして、占いユーザーの嗜好も同様に多様性があり、

そのマッチングが占い業界での成功のカギと言えます。

 

【ミスカトニックのコンサルティングとは?】

 

こうした占い業界で結果を出すためには、

ビジネスのフレームと占いとのマッチングが必要となります。

 

ミスカトニックのコンサルティングでは、

占い事業への新規参入から業務改善、

そして占い師やスタッフの教育研修まで、

幅広く支援をいたします。

 

■コンサルティングの内容について

《対面占いの場合》

・新規参入の場合の立地調査及びビジネスモデルの立案

・店舗(占いの館)運営の立案と支援

・スタッフ教育

・プロモーションの提案

・占い師のリクルート支援

・占い師向け教育研修の実施

・事業運営の継続的なマネジメント支援

 

《電話占いの場合》

・新規参入の場合のビジネスモデルの構築

・電話鑑定会社のオペレーションの最適化

・電話占い師・鑑定師のリクルート支援

・占い師向けの研修教育の実施

・占い師のブランディング構築

・事業運営の継続的なマネジメント支援

 

お問い合わせは、以下のフォームよりお願いいたします。

お問い合わせ・申し込みフォーム