【スピリチュアル・カウンセラー養成講座】

皆さん、こんばんわ

占い師の集客とリピートを応援する
スピリチュアルビジネス・コンサルタント
ミスカトニックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、占いでも

「スピリチュアル・カウンセリング」と

銘打つケースが多くなりました。

 

 

また、多くの占い師さんがカウンセリングや

精神的・心理的アプローチを重視するようになっています。

 

 

こうした潮流は、なぜ生まれたのでしょうか?

 

 

また、どのような意味や効果があるのでしょうか?

 

 

まず、結論からお話しすると、

占いでカウンセリングが必要となる理由は…

 

 

クライエントの自立と問題からの回復

 

にあると断言できるでしょう。

 

 

占いは、心理カウンセリングやソーシャル・ワーカーと

同じような、広い意味で対人支援の意味合いがあります。

 

 

そして、対人支援のゴールは…

 

支援が必要な状態からクライエントが卒業すること

 

ここにあります。

 

 

では、クライエントの「卒業」を

どう考えるといいのでしょうか?

 

 

クライエントが、私たちの支援から

卒業するには、3つのパターンがあります

 

(1)問題や悩みが解決した
(2)問題や悩みを、解決するスキルを身につけた
(3)問題や悩みを通して、自分と向き合い、乗り越えることができるようになった

 

クライエントが望むのは、もちろん(1)です。

 

 

そして、私たちもまずは問題や悩みが解決するには

どうしたらいいか、ということを考えます。

 

 

この辺では、以前もお伝えしたように

アドバイスのスキルが決定的に問われます。

 

 

そして、適切な解決策をお渡しすることで、

クライエントの問題や悩みのある程度の部分は解決します。

 

 

ただ、その解決もクライエントが

適切なスキルを身に付けることが出来てこそ、です。

 

 

例えば、見捨てられ不安のクライエントがいるとします。

 

 

こうしたクライエントに、

「相手にすがってしまうと、かえって関係を悪化させますよ」

というアドバイスをお渡しすることはカンタンです。

 

 

でも、こうしたアドバイスを実際に実行に移すには、

それ相応のスキルや内面的なチカラを

身につける必要があります

 

 

相手にすがってしまう傾向があるのであれば、

どのようにしたら、

すがらないような内面的なチカラを

身に付けることが出来るでしょうか?

 

 

これは「すがってはダメ!」というアドバイスだけでは、

解決できるものでもありませんよね

 

 

必要なものは、すがる以外の関係の作り方、

例えばクライエント自身が自らの寂しさを自分で

解決することかもしれません。

 

 

相手に合わせた甘え方かもしれません。

 

 

様々な方法を、クライエントが出来るようになることで、

その問題や悩みは本当の意味で解決できるものなんですね。

 

 

また、そうしたスキル等を身につけることによって、

同じような問題が生じた場合に

対応するスキルも当然高まります。

 

 

つまり、問題発生を防止する観点からも、

クライエントのスキルの取得、

つまり成長が必要になります。

 

 

ただ、問題や悩みの全てが解決することは、

望ましいことですが、

いつもそうなるとは限りませんよね。

 

 

問題や悩みを抱えつつ、

それでも前向きに建設的に生きていく…

 

 

むしろ、そうした生き方を

問われることの方が多いのかもしれません。

 

 

また、成長するプロセスにおいて、

自分自身がなぜこうした悩みに直面するのかと

向き合う必要が生じることもあるでしょう。

 

 

そうした時に必要になるのが(3)です。

 

 

問題や悩みの原因の全てを、

クライエントに求めるのは間違いです。

 

 

全ての問題を、自業自得で済ませることは、

確かにもっともらしい、

あるいは一番カンタンな解決策と思えるかもしれません。

 

 

しかし、理不尽な世界で

懸命に生きるクライエントもたくさんいます。

 

 

また、仮に自業自得であっても、

だから解決できないのはクライエントが悪い、

で済ませてしまうと、結局何も解決できなくなってしまいます。

 

 

クライエントは、なりたくて

「クライエント」になったのではありません。

 

 

ならざるを得ない事情があり、

クライエントはクライエントになります。

 

 

クライエントの問題は、クライエント自身の問題です。

 

 

しかし、その問題は、クライエントの

意志のチカラだけではどうにもならない問題です。

 

この問題を前にしたクライエントは、

孤独であり無力な存在です。

 

そして、そこには心理的・精神的な

問題が存在しています。

 

その心理的・精神的問題を解決しないと、

クライエントの問題は解決できません

 

スピリチュアルであれ占いであれ、

クライエントの心理的・精神的な問題

 

もっと言うと、クライエントが抱える

たましいレベル」の痛みや苦しみにまで

リーチしようとするならば、どうしてもクライエントの

内面との対話がどうしても必要になりま

 

そうした時、カウンセリングとしての対応が必要となるんですね

 

 

では、長くなったので今日はこの辺で!

 

 

※ ※ ※

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら

【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】
【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

フェイスブックで、毎日占い師のヒントを発信中です!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】