みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、連続連載も3回目となりました。

え~と、まずはお知らせから。

すいません、連載回数が増えます(^_^;)

書いているうちにノッてきましてね。

どうせだったら、セミナーでも言わないような濃い話を書いちゃおうと(笑)。

そして、次回からアメンバー限定になります。

その記事内容ですが…

「なぜ、占いはダメになるのか?」

「ダメな占いと良い占いの違いは?」

「依存や霊感商法の裏には何があるのか?」

「スピリチュアルで不幸になるクライエントとは?」

というものを中心に書いていきます。

さて…そろそろ本題に入りますね。

この連載は、「スピリチュアルにハマるクライエントの何が問題なのか?」というのがテーマです。

しかし、安易なクライエント批判をするつもりはありません。

また、「依存?霊感商法?クライエントがバカなのよ!」という方を対象にはしていません。

私がこの記事を書いている対象の方は、クライエントの問題を私たちの問題でもあると考えらえる方のみです。

(余計なひと言ですが、そうした方にノウハウを公開するつもりはないので、次回からアメンバー限定とするのです)

というのは、クライエントの問題と私たちの問題は表と裏の関係なんです。

例えば、依存がダメなのは、誰だってわかっています。

クライエントもバカではないのです。

私たちが「依存はダメ」という以前に、クライエント自身がそのことはよく分かっています。

しかし、依存という問題は繰り返されます。

その時、依存するクライエントを責めることはカンタンです。

愚かだと断罪することもカンタンです。

でも、依存するクライエントは特殊なのですか?

そのクライエントの特殊性に理由を求めれば、済む問題なのでしょうか?

問題が繰り返し発生するのは、それを生み出すシステムがあるからです。

そして、私たちもそのシステムの一部です。

クライエントに問題の理由を求める限り、何の解決にも結び付きません。

ここで問題発生のシステムやメカニズムを解き明かす、とまでは言いません。

ただ、「そこで何が起こっているのか?」を考えるのは、スピリチュアリストとしての良識だと私は考えます。

なぜなら…

私たちはクライエントにとっての裁判官でありたくないからです。

私たちはクライエントの味方でありたいからです。

では、本編に入りましょう。


【スピリチュアルなるものの価値】

クライエントの「一発逆転発想」に危機感をもつスピリチュアリストは大勢います。

そのため、色んな占い師・鑑定士の方が…

「大切なのはアドバイス能力」

と言います。

そして、スピリチュアルを否定的に言うセラピスト、ヒーラーもたくさんいます。

それはそれでよく分かるし、確かに一理あります。

しかし、「不思議な世界や可能性があるんだよ」という、私たちが持っている「sense of wonder」を大切にすることも必要ではないかと思うのです。

問題解決志向が強くなると、どうしてもクライエントを現実的に軌道修正しようという意識が働きます。

そうしたスピリチュアリストにとって、スピリチュアルなるものは、まさに現実逃避であり、「アヘン」です。

でも、私たちスピリチュアリストだけが、宇宙や自然、神々や先祖、そして時間から「希望」を作り出せるのです。

スピリチュアルが心理カウンセラーと違うのは…

「時間」と「空間」を超えることができ、かつ「善良なる導き」を想定できることです。

未来や過去を読み解き、そして空間的に離れた存在に対して、何かしらの影響力を行使しようとする。

そして、私たちが「善良なる導き」の中にあろうとする。

(いつか書くかもしれませんが)これは、私たちの感覚や経験を大きく超えた次元の話です。

そして、それを私たちは「実在するもの」として扱います。

心理カウンセラーを長年やっていて、「これだけはスピ系の特権だよなぁ」と痛感しています。

「今から半年後、恋愛運は好転しますよ」

「あなたのせいではありません。前世からのカルマが原因なのです」

この一言で救われるクライエントはたくさんいるのです。

これを大切に、健全な形で残すことも、私たちにとって大切なことではないかと思うのです。

では、何が健全で何が不健全か

いったい、スピリチュアルの何が問題なのか?

占いやヒーリング、セラピーがダメになる理由は何か?

という事を、次回の更新でアメンバー限定でお伝えします。

にほんブログ村

にほんブログ村

ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる

人気占い師を目指しませんか?

豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ

「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ

「ふしぎ・シアワセ研究所」

 お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)