こんばんは

占い師専門コンサルタント、カウンセラーのミスカトニックです

さて…またまた久しぶりの更新になってしまいました。

最近、数名の占い師の方を連続して占う機会がありました。

そのうちの何人かの方は、ヒプノセラピーで過去世やハイヤーセルフと出会うという体験をしていただきました。

皆さん、本当にお疲れ様でした。

さて、今日のお題は占いをするときに、絶対必要なインスピレーションについて

私たちは、占いをするときに占術だけではなく、今までの経験や知識をフル動員して相談者と向き合っています。

そうした知識や経験は非常に重要なのですが、逆にそれが足かせになる事もあります。

例えば、相談者から恋愛相談を持ち込まれたとき、自分の経験から相談内容を考えてしまったり

あるいは、相談者を守りたいという善意から、消極的なアドバイスになってしまったり。

そういった知識や経験が占いの大部分を占めるようになると、いつしかその占いは単なるカウンセリングか人生相談になってしまいます。





そして、明確なゴールのないカウンセリングや人生相談は決して相談者の問題を解決できません。



そのため、そうした占い師の多くは相談者の問題を抱え込み過ぎてしまい、精神的に疲れ、本来持っている才能を発揮できなくなってしまいます。

そうした占い師の方を見るたびに、「あぁ、もったいないなぁ…」と感じるのです。

占い師をするという事は、必ず何かしら特別なきっかけがあったはずです。

そのきっかけをつかんで、あなたは占い師になりました。

占いが好きな人はたくさんいますが、少々のきっかけで占い師になるなんて、普通はあり得ません。

だから、占い師をしている段階で、既に特別な意味があるのです。

それは、占い師であるあなただけでなく、あなたの相談者にとっても。

いままで、あなたは占い師としてたくさんのトレーニングを積んできたと思います。

その中には、人には決して言えない苦労もあったはずです。

そして、占い師になったという事は、特別なきっかけもあったはず。

それは傷ついた経験かもしれないし、神秘的なものかもしれない。

でも、あなたはそれを見出せる感性があったのです。

その感性ゆえに、あなたは占い師なのです。

だから、よく占い師の方の相談に乗るときに、こう言います。

たくさん勉強をしてください。

色んな経験を積んでください。

でも、占い師として相談者の前に立ったら、それはすべて忘れてください。

そして、たくさん考えてください。

どうすれば、その相談者は幸せになれるか

過去にやった占いの内容は正しかったか

でも、それも占い師として相談者の前に立ったら、すべて忘れてください。

もしも、あなたが占い師として良い状態を維持していて、オープンでクリアであれば、インスピレーションは必ず降りてきます。



そして、降りてきたインスピレーションは、必ずあなたが持っている、そして相談者が必要としている知識や経験を思い出させてくれます。

インスピレーションに委ねるのは、実はとても勇気のいることです。



でも、それが出来るから、あなたは占い師なのです。

では!

人気ブログランキング

============================

>>稼げる人気占い師になりたい方へのコンサルティング

>>悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー