こんばんわ

占い師専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

いきなり個人的なお話で恐縮ですが、皆さんは「ダンボー」をご存知ですか?

よつばと!」というコミックの登場人物(?)なのですが、私のヒプノの友人が、最近このダンボーのフィギュアを買いましてね。

フェイスブックで写真を披露しているのです。

うちの飼い猫の名前を、主人公である「よつば」にするくらい、このコミックは大好きなのですが、同じだと悔しいなぁ…

ということで、私のお気に入りのキャラクターをひとつ。

私は、このキャラクターのために一体いくらつぎ込んだのだろう…?

ということで、本題に入りますね。

占い師にとって大切なスキルは?と聞かれると、多くの方がこう答えます。

「具体的なアドバイス!」

確かに、具体的なアドバイスは大切です。

しかし、それと同じくらい大切なものが、別にあります。

これは、私の駆け出しのころの失敗談。

ある相談者が私の元へこられました。

内容は恋愛で、ケンカして別れた彼との復縁を…というものでした。

占った結果、彼は相談者を嫌いになったわけではなく、以前から関係に対して違和感を感じていた様子でした。

そして、お互いの共通項もなく、相談者の受身な言動が「依存している」と思えてしまい、疲れた結果別れた、という状況でした。

相談者の性格や現状を考えると、このケースは解決は容易だと思えました。

そう思った私は、色々と相談者に細かい、そして具体的なアドバイスをしました。

しかし、相談者の反応は「はぁ…そうですかぁ…」という弱い感じでした。

まるで、アドバイスをしても右から左へと流れるような感触。

「あれ、理解できないのかな?」

そう思った私は、次のような質問をしました。

「何か、疑問はありませんか?」

すると、相談者はこう答えました。

「疑問はありません。…ただ、不安で不安で…

ん~、これだけ解決のための具体的なアドバイスをしているのに、なぜ不安なのだろう?

そこで、再び私の方から質問。

「アドバイスの内容は理解できましたか?」

「理解はできました。でも…私にできるかどうか…

なぜ、相談者はこのようになってしまったのでしょうか?

これは、私が相談者の「今の不安」を理解していなかったからです。

相談者は確かに解決策を求めています。

しかし、それと同じくらいに「分かって欲しい」という気持ちを持っています。

そして、その「分かって欲しい」という気持ちをくみ取れないままだと否定的な感情がずっと強いままとなります。

その否定的な感情が相談者を支配している状態で、最高の解決策を提示したとします。

しかし、それが「可能なこと」と相談者には思えないのです。

この状態で、相談者に向かって

「マイナスに考えるからダメなんだよ」

と言っていいものでしょうか?

違いますよね。

悪いのは私の方です。

私の失敗は、そうした相談者の否定的な感情をクリアにすることなく、情報を与えたことでした。

否定的な感情の相談者は、その感情を通して情報を理解します。

すると、否定的な状態な分だけ「私にはムリ!」と思えてしまうのです。

具体的なアドバイスは確かに大切です。

しかし、それ以前に「今の感情のケア」が非常に大切です。

もしも、これから鑑定を行う方は…

「今の感情をどうやったらクリアにできるか?」

というところに焦点を当ててみてください。

手放さないと、新しいものは入ってきませんからね。

では!

【関連記事】
願望成就とイメージ【占い師のためのリピーターアップの裏ワザ】
焦燥感から相談者を守るには
人気占い師になるための「聞き方」スキル【人気占い師実力養成講座】


人気ブログランキング


ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる
人気占い師を目指しませんか?
豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ
「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ
「稼げる人気占い師・セラピスト・ヒーラー養成集客講座」

■稼げる占い師になるためのコンサルティング
■悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー

 お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)