こんばんわ

占い師専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日は「占い師とお金の関係」を考えてみたいと思います。

ミスカトニックが占い師を対象に、なぜこのようなコンサルタントをするのか?

これはちょくちょく頂く質問です。

私の活動は、私自身のミッションに基づくものです。

端的に言えば…

1:人材の育成

2:業界の変化

3:社会貢献

この3つを達成するために、コンサルタントをしているのですよ、というのが回答になるでしょう。

ただ、「占い師とお金の関係」は、もう少し微妙でデリケートなものがあります。

というのは、「占い師」と「お金」というキーワードを入れると、必ず…

「霊感商法」

という言葉が出てくるからです。

元々、日本人にはお金に対する否定的な感情があります。

「お金」と聞くと、どうしても「へっへっへっ、お代官様」というイメージが浮かんできますよね(^_^;)

占い師には、それに加えてさらに否定的な見解が加わるわけです。

実は、この辺の問題と、私のミッションである「業界の変化」は深い関連があります。

二宮尊徳の言葉に、次のものがあります。

「道徳なき経済は『罪悪』である。

経済なき道徳は『寝言』である」

…二宮尊徳が本当にこうしたことを言ったかについては異論があります。

ただ、私はこの言葉は占い師にこそあるべきではないかと思うのです。

道徳(私のミッションでは『良識』としています)のない占いは、まさに罪悪です。

目に見えることのない、精神的なものを扱う仕事であり、かつクライエントは問題を抱えた状態でやってきます。

もしも、ここに良識がなければ、その占いはいとも簡単に犯罪へと化してしまうでしょう。

しかし、もしもその占いに良識があればどうでしょうか?

そうした良識を持った占い師こそが、多くの相談者が求めているものではないでしょうか。

そして、そうした良識ある占い師が経済的に自立して活動を継続できないとすれば…。

その良識は「寝言」と化してしまいます。

逆に考えると、良識ある占いやヒーリングなどのスピリチュアルな活動を行っているならば、経済(お金)が放っておくはずがないわけです。

私は、このパワフルな考え方が大好きです。

なぜなら、本当に良識を持った占い師が増えれば、私たちの住むこの世界を明るくできるからです。

確かな技術とクライエントへの深い理解、そして良識を!

…が、やりたくて、こうした仕事をしているわけです(^.^)

ではでは。

ミスカトニックのミッションについて

【関連記事】
もしも、あなたがいなかったら…?  
占い師のタブー10か条~占い師になるには~
プロ占い師のための、らくらく収入アップ講座

ミスカトニック&霊法院神竜による

「絶対にはずせない!占い師・鑑定師のリピート講座」セミナー開催!
東京・7月29日

残席 4名 です!

人気ブログランキング


ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる
人気占い師を目指しませんか?
豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ
「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ
「稼げる人気占い師・セラピスト・ヒーラー養成集客講座」

■稼げる占い師になるためのコンサルティング
■悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー

 お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)