皆さん、こんばんわ

占い師専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日は幸運を引き寄せるヒケツについて考えてみたいと思います。

以前からセミナーやブログなので繰り返し

「占い師やヒーラーは『運気のお医者さん』」

とお話ししてきました。

運気の好転を専門に扱うのは、スピリチュアルな活動をしている人だけです。

ゆえに、私たちはその専門家なのえす。

では、どのようにしたら運気を良くできるのでしょうか?

実は、このメカニズムは非常にカンタンです。

運気はその人の波動に連動します。

そして、波動はその人の動機と感情に連動しています。

だから…

良い動機と感情を持つ=良い運気を持つ

という図式が成り立つわけです。

私を含め、皆さんは数多くのクライエントと接していると思います。

そして、多くのクライエントが運気の低下で苦しんでいます。

その運気低下の原因が、ある特定の問題によるケースはたくさんあります。

ちょっとしたつまづきで、運の低下という負のスパイラルが生じてしまうんですよね。

しかし、なぜそうしたつまづきが、運の低下を引き起こしてしまうのでしょうか?

不倫や失恋、片思いに人間関係のもつれ…

それらは確かにクライエントを苦しめる大きな要因です。

しかし、私たちは普段生活をしていて、そうした要因に日常的に遭遇しています。

それが単なる一過性の「アクシデント」として片づけられなくなったとき、その要因はクライエントのマインドを支配し始めます。

例えば、「片思いの人にフラれた」という人がいるとします。

そして、そのフラれた相手を忘れられなくて頑張ろうとしている人がいるとします。

ある人は「相手が好きだから頑張ろう」とします。

そして、別のある人は「ショックを癒したいから何とかしよう」とします。

この場合、間違いなく前者の方が運が味方しますよね?

それは、その「フッた相手との関係をあきらめずに頑張ろう」というときの感情がどうなのか、という点が重要なのです。

否定的な動機と感情で頑張るのか

あるいは、肯定的な動機と感情で頑張るのか

ここが運気の良し悪しの分かれ道となります。

動機と感情

この2つに着目すれば、そのクライエントが正のスパイラルにいるか、負のスパイラルにいるかがハッキリします。

私たちは運気のお医者さんです。

だから、クライエントの運気の状態には常に意識を向けましょう。

そして、私たちの運気の状態にも

では、今日はこの辺で!

先日、妻のバースデーを祝うために、行きつけのバーで飲んできました。

ここ最近、忙しくて外食を全くしていなかったので、よい気分転換になりました
(^.^)

スカトニックのミッションについて

【関連記事】

運を上げるには○○を整える【人気占い師のための開運術】

相談者の恐怖心を煽らない~占い師になるには?~
相談者の過去を認める大切さ