みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日は皆さんにブログ記事を書く際に最も注意して欲しいことをお伝えします。

それは、「あなたの書く記事は、あなたのセッションそのものである」ということです。

【全てのメッセージは『評価』のためにある】

例えば、旅行に行く前の準備としてホテルを探しているとします

インターネットで調べて、そのホテルのホームページをチェックして、料金や部屋をを見て…

これらの行動の合間には、必ず「評価」が伴います。

インターネットで調べた後に、実際にホームページをチェックするための「評価」

(果たして、このホテルのHPは見るに値するのかどうか)

ホームページをチェックして、部屋の空き状況をチェックするための「評価」

(空き状況を確認するに値するかどうか)

このように、そのホテルが発しているメッセージすべてに対して、私たちは無意識的・意識的に「評価」をしています。

私たちの行動は、こうした「評価」の連続なんですね。

評価し、価値があれば前へ進みます。

評価し、価値がなければ、後ろへ下がります。

すごく仕組みは単純なんです。

【すでにセッションは始まっています!】

私たちがブログで書く記事も、大切なメッセージです。

そして、私たちが「セッションを提供する側」としてブログを書くとき、その記事はセッションの一部とみなされます。

つまり…

ブログ記事を書いた段階で、セッションはもう始まっている!

ということなのです。

さて、皆さんの書く記事を振り返ったとき、こんなことを言いたくなりませんか?

「あれは、あくまでもブログ記事のことであって、実際のセッションとは違います!」

これは書き手としてはよく分かりますが、読者はそうは思わないものです。

記事を書くとき…

「セッションの一部」

「サービスの一部」

「商品の一部」

という意識を持ってくださいね。

では!

追記

さて、例によって怒涛のセミナーウィークがやってきました(^.^)

心理カウンセラーとしての活動なのですが、今回は高齢者施設におけるコミュニケーション講座を行います。

高齢者の臨床心理学からコミュニケーションのあり方について、レクチャーしてきます。

楽しんできますね!

占い師・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)