みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス・コンサルタント ミスカトニックです

さて、今日はちょっと閑話休題。

連載はお休みして、ちょいと業界話しを少々。

占い業界に身を置いて、今年で12年になります。

長年、この業界にいるので、色々な占い師を見てきました。

で、ずっと感じていることがあります。

それは、伸びる人・伸びない人の違いです。

これは、どの世界でも言えることかもしれませんが…

自分の頭で考えることができない人って、伸びないよなぁ

という事と…

自分の頭で考える事の限界を知らない人って、伸びないよなぁ

という事が間違いなく言える、ということです。

例えばです。

世の中には「ノウハウ系」の本ってたくさんありますよね。

そうしたノウハウ系の本を読んで、そのまま右から左へ流すように受け売りになってしまう人って、成長しないんですよね。

なぜなら、そのノウハウは枝葉でしかないから、例外的なことがあると応用が利きませんよね。

でも、私たちの世界って、むしろ例外の方が多かったりします

また、ノウハウ本に書いてあることを理解することと、それを現実に当てはめる事って、当然違いますよね。

あるノウハウがあるとして、そのノウハウが成り立つ原理は何か、それを現実に当てはめるとどうなるか。

これを考えるのが、「考える力」です。

これがないと、いくら占いを勉強しても、そのセッションが現実味を帯びないんですよね。

なんだか、妙に宙を浮いたセッションになってしまいます。

でも、ですよ。

そうやって考えたことが、正しいかどうかは分かりませんよね。

もしかしたら、全く違う考え方や視点もあるでしょう。

そうした考え方や視点を知ろうとしないと、その人の世界って狭いままですよね。

「げっ!私が今まで考えていたことは、いったい何だったんだ!」

「これを知らなった今までの自分って、なんてバカだったんだ!」

実は、優秀な占い師ほど、こうした経験をたくさんしています。

私が優秀かどうかは置いておきますが、私もそうした経験をたくさんしています。

そして、そうした経験が世界を広げてくれることを知っています。

…だから、今までセミナーとかで数百万円も使っているんですけどね(苦笑)。

まぁ、私の散財話はさておき、この世界に身を置いていて、「この人、スゲェ…!」と思える人は、まず先の2つを必ず持っています。

そして、その2つを持っている人は、時間の程度はあれど成長しますし、成功します。

ここで持って頂きたい視点は3つです

(1)そもそも、なぜそれはそうなるのだろう?

(2)これは、要するにどういうことなのだろう?

(3)これに、他の視点や考えはないのだろうか?

この3つを、ぜひ使いこなしてください

ただ、1点注意があります

私たちは研究家でもありますが、同時に実践的である必要があります。

学問的な知識を広げても、それがクライエントと関係がないのであれば意味はありませんよね。

だから…

あなたが持っているものを、どうクライエントと結びつけるか

という点は忘れないでくださいね

ではでは

※ ※ ※

占いカウンセラーのための、さらに実践的な情報はこちらへ
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

占い師・カウンセラー・セラピストとしてもっと活躍したい人はこちら
【占い師・セラピストのための個人コンサルティング】

豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッションはこちら
【各種スピリチュアルセッション】

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

【ホームページ「ふしぎ・シアワセ研究所」】

【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)