占い師専門コンサルタントのくまごろうです。

今回は少し私個人についてのお話。

先ほど、「占い師専門コンサルタント」としてのクライエントから電話がありました。

そこで、色々と相談に乗っていたのですが、最後にクライエントから一言。

「ブログを立ち上げたと聞いたので拝見しました!結構わかりやすい内容ですよね!

でも、何で『くまごろう』なんですか?

(ちなみに、私とクライエントは契約を結んだうえでコンサルティングを行うので、クライエントは私の占い師としての名前も本名も知っています。もちろん、守秘義務は双方に発生していますが)

あ~、その説明は長くなるなぁ…

いまの私の肩書きをずらっと並べると、次のような感じになります。

「福祉事業コンサルタント」

「経営コンサルタント」

「占い師」

「ヒプノセラピスト」

「占い師専門コンサルタント」

これらの肩書きを大きく分けると、「ビジネス系」と「スピリチュアル系」になります。

この「ビジネス系」と「スピリチュアル系」の使い分けは、実は結構大変です。

まず、占い以外のビジネスの分野では、あまり占い的、あるいはスピリチュアルな方向の話はあまりできません。

福祉事業にせよ経営コンサルにせよ、その世界で要求されるのは、その世界での専門性であり、目標を達成するための戦略・戦術の構築を行うことだからです。

ゆえに、その活動をしているとき、私の頭の中とクライエントとの会話では関連法令とマーケティング戦略、そして財務諸表が飛び交っています。

一方、「スピリチュアル系」であるときは、ビジネス的な話をすることはそう多くありません。

出てくる話題は、「チャネリング」であったり、「タロットカード」であったり、「ハイヤーセルフ」だったりするわけです。

しかし、「スピリチュアル系」と「ビジネス系」は「占い師専門コンサルタント」という分野で重なり合いがあります。

「スピリチュアル系」のクライエントである占い師あるいは占い会社の方とお話しするときは、必然的に「ビジネス系」の問題を取り扱う事になります。

実は、ここに私が「占い師専門コンサルティング」をする動機があります。

「スピリチュアル系」も「ビジネス系」も、両方とも私にとっては大切な、心からコミットしている分野です。


その両方の分野を行き来するのはとても楽しいことなのですが、でも私としては両方が欲しい。


その両方を満たすものはないかなぁ…と思って始めたのが、この「占い師専門コンサルティング」というオシゴトです。

このコンサルティングの仕事は、結構やりがいがあるのですが、しかし一方で微妙なバランス感覚が要求されます。

これは…決して自慢と受け取らないでほしいのですが、実は私の占い師としての名前は知れ渡っています。

書籍は今まで3冊だしており、テレビ出演の経験も数多くあります。

その私が占い師としての名前を出してコンサルティングをしたならば、確かに集客は簡単です。

でも、クライエントにってはどうでしょう?

占い師の方々はそれぞれ個性があり、それぞれが一つのブランドです。

そのブランド形成に占い師としての私がかかわった場合、占い師がもつブランドの独自性に影響を与えます。

これは「ビジネス系」でも同じこと。

「ビジネス系」にせよ「スピリチュアル系」にせよ、主役はクライエントであり、コンサルタントはあくまでも縁の下の存在です。

私は主役ではありえないし、またそれを望んでいません。

しかし…「くまごろう」というふざけた名前は変えた方がいいのかな?

現に「占い師専門コンサルタント」としての名前は別にあるので。

え、なぜ「くまごろう」にしたかって?

う~ん、この辺は私なりのユーモアとお考えください(笑)

============================

>>稼げる人気占い師になりたい方へのコンサルティング

>>悩める占い師のためのカウンセリング・ヒプノセラピー