こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

今日は延々とセミナーのレジュメを作っていました。

…といっても、介護系ですが(^_^;)

妻は今日はパーティに行っており、帰ってくるのは22時くらい?

雨も降っており、少々疲れたので、今日の更新は気楽なもので(笑)

あまり懐古的な趣味はないのですが、最近80年代の洋楽を聞きあさっています(^_^;)

この辺が私の音楽体験の原点なんですよね。

昔…本当に営業駆け出しのころ、本当に毎日が大変でした。

どう考えても私に向いていないなぁ~と思いながら、じゃあ何が向いてるの?と聞かれても答えられない日々。

いま考えると、だいぶ頭の緩い、眠たいことを言っていたなぁ~と思うのですが、当時は必死でした。

そんな毎日の中、自分を励ますために聞いていたのが、80年代の音楽なんですよね。

という事で、いまの今までiphoneの音楽を整理していました。

あぁ…よつばが私を襲ってるし。

さっきごはん、あげたがな!

…ということで、うちの愛娘(?)の襲撃も終わったので、もう少し音楽ネタを。

80年代の音楽にひとしきりハマった後、私はへヴィ・メタル→ジャズ→プログレッシブロックと音楽の趣味が変わっていきました。

特にプログレッシブロックにはハマりにハマりましたねぇ。

そもそものきっかけは、rushというバンドに衝撃を受けたこと。

音楽性もさることながら、歌詞の内容も素晴らしく、私の生涯たどり着けないであろう目標となりました。

そういえば、当時のバンドのメンバーにRushを聞かせたとき、「お前みたいなベースを弾くな」と評していました。

あれは嬉しかったなぁ…!

その後、キングクリムゾンやUK、ピンク・フロイド、そして死ぬほど大好きなKENSOへと至るのですが、どうしても好きになれないバンドがありました。

それがYESというバンド

ベースを弾く私としては、「その音楽のベースが弾きたいか?」が好きになる基準の1つだったりもします。

そうした意味でクリス・スクワイアのベースはどうも…だったんですね。

ただ、年齢を重ねるうちにだんだんと「いいなぁ~」と思うようになったのです。

もう一つ、メタルが好きな私が、どうしても好きになれない大御所バンドがありました。

それがIron maidenというバンド。

このバンドもベースを弾くという基準で考えると、あまり魅力的には思えませんでした。

なぜだろう…と考えたら、このIron maidenのベーシストであるスティーブ・ハリスは、実はYesのベーシストの大ファンなんですね。

で、確かに似ているんです。もう、「あぁ、クリスが大好きなんだなぁ」と微笑ましくなるほどに(笑)。

でも、Yesが聞けるようになったおかげで、最近はIron Maidenも好きになってきたんですよね、これが(笑)

とはいえ、私のフェバリットはやっぱりKensoなわけです。

…ちなみに、スピリチュアルビジネスコンサルタントとしての名前である「ミスカトニック」

これはラブクラフトが好きだという事だけではなく、実は…

著作権の問題もありますので、直接リンクや埋め込みはまずいよね、という事で、youtubeで「kenso miskatonic」で検索してみてください。

あと、「Gesshya Senkoh」も秀逸です!

では!