今から2年前。

とても痛ましい出来事がありました。

多くの方が傷つきました。

そして、多くのものが失われました。

今も、その傷は癒えておらず、たくさんの方が苦難の中で生活されています。

私は仕事柄、東北地方に行くのですが、まだ目を覆うばかりの状況が広がっています。

皆さん

今日は祈りの日です。

皆さんなりの方法で結構です。

彼らのために、祈りを捧げましょう。


私たちはあの日、あの時、あの場所にいませんでした。
そして、今日私にはいつもと同じ日常が与えられています。

私たちは、このことに心から感謝いたします。

そして、あの日あの時、あの場所にいた方々がおられます。
そして、今日その方々は痛みと悲しみのなかで過ごしています。

私たちは願います。
彼らと共にあり続けることを。

私たちの両手は、彼らの祈りの手を受け止めることができます。

私たちの腕は、彼らを抱きしめることができます。

私たちの身体は、彼らと共に働くことができます。

私たちの足は、彼らと共に歩むことができます。

私たちの目は、彼らの涙を見ることができます。

私たちの耳は、彼らの訴えを聞くことができます。

私たちの声は、彼らに慰めと癒しと、そして励ましを与えることができます。

そして、私たちの心は、彼らの悲しみを感じ取ることができます。

あの日、あの時

私たちは別々の場所にいました。

でも、今は違います。

心は、彼らと共にあります。

あの日から今日まで。

そしてこれからも。