みなさん、こんばんわ

スピリチュアルビジネス専門コンサルタント・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、今日…というよりもこれからしばらく、ある記事を連続して掲載したいと考えています。

この記事、実は私が電話鑑定会社に入ったばかりのころに、自分のホームページ用に書いたコラムです。

データの編集時期を見てみると、2002年。

今から11年前の文章ですね。

ちょうど心理カウンセラーとしてもクライエントがつき始め、波に乗り始めた時期。

そして、占い師としても徐々に人気が出始めていた頃でした。

この時、私は試行錯誤しながら…

「対人援助とは何ぞや?」

「占いとは何ぞや?」

「私は、どのようなスタンスでセッションに臨めばいいのだろうか?」

と自問自答していました。

そして、1つの結論として、この記事を書きました。

ここで出てくるエピソードは本当の話です。

そうした経験を踏まえて、私なりの「スピリチュアルリーディングのあり方」を決定づけたものです。

文章はおそらくは難解かもしれません。

でも、私のポリシーがよく表れていると今でも感じます。

これこそが、私のセッションの基本であり、ポリシーなのです。

私の理想とするセッションがここにあります。

そして、ここから私のスピリチュアリストとしてのキャリアがスタートしました。

では、今から11年前のコラムをお楽しみください。

タイトルは「ダブル・スタンダート」です。

…文章は、本当に難解です。

11年前は、こんな感じの文章ばかり書いていました。

読みづらいかと思いますが、どうぞご容赦ください。

では、どうぞ!

※ ※ ※

私は21歳のとき、ある女性に恋をした。

出会いのきっかけは、当時勉強していたある語学の学校で、同じクラスになったことだった。

出会った当初から恋愛感情があったわけではなく、最初の印象は、「頭がいい人だなぁ」という感覚でしかなかった。しかし、時が経つにつれて私は徐々に彼女に惹かれていき、そのクラスが一区切りされる半年後には、明確に恋愛感情を抱くようになった。

彼女は私よりも5歳年上で、本当に頭がよく、非常にチャーミングな女性だった。

当時まだ子供だった私は、彼女に追いつこうと必死だった。社会的な意味においても、見識や経験、人間性という意味においても、私は彼女の足元に到底及ばない。

だから、何とか肩を並べたい、何とか彼女とつりあいの取れる人間になりたい、何とか彼女に認められたい、という気持ちでいっぱいだった。

だから、当時の私にとって彼女は、恋愛の対象であると同時に、たどり着くべき目標であり、憧れであり、そして最良の師だった。

 彼女は、よく私の食事のお誘いにも嫌な顔をせずに付合ってくれて、そして色々な事を私に教えてくれた。

お喋りの内容は他愛のないものだったが、しかし彼女の人柄や価値観が色濃く反映されていた。

そして、本当に無学な私に対して、彼女は世界の広がりや不思議さ、そして人を愛する事を教えてくれた。

 その女性を幸福にするためであれば、私は何だってできた。
仕事がどれだけ大変であっても、解決すべき問題が山積していても、その向こう側に彼女の笑顔があるのであれば…。

そう考えると、本当にハードな仕事も苦ではなかった。いつか追いつきたい、いつか幸せにしたい。いつもそんな事ばかりを考えていた。

 彼女は、恐らくは私の恋愛感情に気がついていたと思う。しかし、彼女はそこには触れる事は無く、また私も彼女に対して恋愛感情を直接表明する事は無かった。

彼女に追いつけるように努力はしていたが、しかし依然として私は未熟なままだったし、彼女にふさわしい男性ではありえなかった。

私は、そうした状態で彼女に対して恋愛感情を表明する事によって、今ある関係が壊れてしまうのを恐れた。そして何よりも、彼女を幸福にできない自分自身が嫌だった。もしもここで告白して、もしも――絶対にありえないが――恋愛関係が成り立って、そして彼女を私が幸福にできなかったら…。

私は、それがとても怖かった。


 だから、私は何とか状況を好転させようとしたし、そのためにできることは何でもしようとした。笑われるかもしれないが、月だって星だって、彼女が望めば何だってプレゼントしたいと願ったのだ。

 しかし、彼女が必要としていたのは月でも星でもなく、まして私でもなく、別の男性だった。

(続く)


にほんブログ村

にほんブログ村

ミスカトニックと一緒に、お客様に喜ばれる

人気占い師を目指しませんか?

豊かで幸せな占い師ライフを実現しましょう!

メルマガ

「予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー」

ホームページ

「ふしぎ・シアワセ研究所」

 お問い合わせもお気軽にどうぞ(*^_^*)