皆さん、こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

さて、さっそく始めましょう!

 

 

 

 

占い師をしていると恋愛相談が多いのですが、

その恋愛の向こうには、当然結婚というゴールを

クライアントは設定しています

 

 

結婚というゴールを設定すること自体は

全く問題ないのですが、私が扱ったケースの中で

成就した・成就しなかったケースを分析すると

興味深いものが見えてきました

 

 

結婚できない女性に共通する、「結婚リセット」という発想

 

成就に至らなかった、

恋愛関係が結婚に至らなかった

クライアントのうち、

「結婚リセット」という発想を

持っている人が少なからずいます

 

 

これは…

「結婚が今のつまらないキャリアや日常を

変えてくれる」

という発想を持ってしまっている、

ということですね

 

 

つまり、女性側の都合の悪い現実を、

結婚を機にガラッと

変えてリセットしてもらおう、

という発想です

 

 

こうした発想に至るのは、

女性の立場に立てば

無理もないと感じるのですが、

しかし、こうした発想がどうして逆に

結婚を遠ざけてしまうのでしょうか?

 

 

理想の高さは都合のよさの表れ?

 

女性側が自分にとって都合の悪い現実を

解決する手段として結婚を考えた場合、

その結婚は「都合の悪い現実を変えてくれる」

ものであることが条件となります

 

 

例えば、キャリアの言い詰まりならば

専業主婦という選択肢になるでしょうし

恋愛関係の行き詰まりであるなら

相手に理想の結婚観を「こうあるべき」と

押し付けることになるでしょう

 

 

これが男性にとって

「都合のいい恋愛観の押し付け」に

結びつかないわけがありませんよね

 

 

だから、次のようなケースの場合は、

ちょっと注意が必要です

 

・恋愛関係にあるが、相手との結婚話が進まなない

・婚活しているが、相手が全く見つからない

・恋愛関係が長続きしない

・男性側の連絡が途切れがち

 

こうした状況がある場合、女性側が

男性に対して「都合のいい結婚観」

を押し付けている可能性が高いと言えます

 

 

占い師さん、カウンセラーさんへ

 

クライアントが

「自分にとって都合のいい結婚観を押し付ける」

という現象は、実はクライアントの発言を

セッションで聞く限り、なかなか浮かんできません

 

 

というのは、クライアントは意識して

そうした行動をとっているのではなく、

無意識のうちに自分の価値観を

相手に押し付けてしまっている、

というケースが大半だからです

 

 

こうした場合、クライアントの結婚観を

一度確認することが有効です

 

 

なかなか恋愛がうまくいかないクライアントに、

一度どんな結婚観を持っているか聞いてみてください

 

 

もしも、この記事に当てはまる状態であるなら…

「自分の抱えている問題の解決を結婚に求めると、

逆に結婚を遠ざけるよ」

という方向でアシストする必要がることを意味します

 

 

ぜひ、頑張ってみてくださいね

 

ではでは~

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】