皆さん、こんにちは!

 

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

さて、さっそく始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

【人気占い師になるための、今日のヒントVol.394
~恋愛関係で「古傷」が痛むときに考えたい対処法~

 

恋愛関係を続ける中で、時に女性は男性の何気ない一言に傷つきます

 

それは「嫉妬」というカタチだったり「相手の無神経さ」であったり様々です

 

しかし、何気ない一言で心が痛む経験をしているクライアントはたくさんいます

 

男性の何気ない一言が痛むのは、そこに「癒されていない古傷」があるからです

 

例えば、男性が職場の女性の話をしたとき、ついもやもやと嫉妬してしまう、という場面

 

ここには、過去に手ひどくフラれた経験や女性としてのコンプレックスだったり、情緒的な交流に欠けた家族関係など、何かしらの背景があります

 

そうした傷は確かに癒すに越したことがありませんが、しかし癒すには時間も労力も必要です

 

それよりも、相手の男性に対して「配慮」を求める方が効果も早いですし、また健康的です

 

傷があるからと言って、すべて癒す必要はありません

 

むしろ、そうした配慮が傷を癒すことだってあります

 

だから…

 

「ごめんね、職場の女性の話を聞くと、ついもやもやとしちゃうの
あなたに悪気がないことはよくわかっているのだけど、ついもやもやするから、控えてくれると私はとても嬉しいな

 

と伝える方が効果的ですし、またこうした配慮を求めることで関係はより成熟していきます

 

占い師、カウンセラーとしては、全て「クライアントの内面の問題」と考えるのではなく、「クライアントの置かれている『関係』の問題」と捉えなおすことも大切な視点です

 

では、今日も良い鑑定を!

 

※ ※ ※

 

占い・スピリチュアルビジネスでビジネスを立ち上げ、そして成功したい方は、こちら
【法人向け 対面及び電話占いの法人コンサルティング】

 

【法人向け 講演依頼のご案内】

【個人向け 占い師・スピリチュアリストのためのコンサルティング】

 

 

フェイスブックではブログやメルマガとは違う情報を発信しています!
スピリチュアルビジネスコンサルタント ミスカトニックFacebook

 

 

鑑定件数2万件超の豊富な臨床経験に裏打ちされたスピリチュアルセッション
【各種スピリチュアルセッション】

 

 

潜在意識を変えてなりたい自分になるヒプノセラピーはこちら
【ヒプノセラピーセッション】

 

 

占い師のスキルアップのためのリアルな情報を毎週発信!
【予約3ヵ月待ちの占い師になるメールセミナー】

 

 

心理カウンセラー、ヒプノセラピストとしてはこちらをご覧ください。
【神戸のヒプノセラピーオフィス エモーションデザイン】

 

 

お問い合わせ・ご相談等は、以下のフォームからお願いいたします

【お問合せフォーム】