クライアントに寄り添う占い師・占いカウンセラーの皆様

 

こんにちは!

占い師の集客とリピートを応援する

占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師、

スピリチュアルビジネスコンサルタントの

ミスカトニックです

 

【お知らせ】
3月28日、大阪にてアストロ心理学様とのジョイントセミナーを開催します

ミスカトニックのパートは、タロットカードを使ったセルフヒーリングをお伝えします

詳しくはこちらをご覧ください


ホロスコープとタロットで潜在意識はここまで目覚めるセミナー

 

さて、占い会社さんの経営を左右するのは当然集客です

しかし、その集客の受け皿となるべき占い師さんの質というは、非常に重要なテーマです

コンサルという仕事上、占い師さんの採用面談は、それこそ数えきれないくらいやっているのですが、今回はその舞台裏をセキララにお話ししたいと思います。

まず、採用される占い師さんと採用後に売れる占い師さんと言うのは、全く違います。

会社としては、集客の受け皿たる占い師さんが欲しいわけですから、その占い師さんがある程度の水準に達しているのであれば、採用という事になります。

そして、先述したように、そうして採用された占い師さんが全て売れるかと言えば、そうではありません。

また、採用の段階で「あぁ、この人は売れるな」「この人は難しいな」というのは、概ね決まっています。

じゃあ、どんな占い師さんが売れるのか、と言えば、電話鑑定に限定して言えば…

(1)声や話し方に魅力がある

(2)クライエントの言わんとしていることをきちんと理解する

(3)自然な説得力がある

(4)クライエントを応援する、という姿勢を崩さない

(5)クライエントの感情に対する配慮がある

(6)スピリチュアルな背景をきちんと示せている

(7)現実的で実践的なアドバイス

(8)クライエントに応じて柔軟な対応ができる

(9)批判に対してオープンで常に改善の余地があると考え向上しようとしている

(10)占い師の言いたい事、ではなくクライエントの言いたい事、にフォーカスできる

 

ドライな言い方をすると、占術の数をたくさん持つことは、対面であろうが電話であろうが、あまり意味はありません。

少なくとも、